アザーン (ギリシア神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アザーン古希: Ἀζάν, Azān) は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してアザンとも表記される。アルカディアの王アルカスニュムペードリュアス)のエラトーの子で、アペイダースエラトスと兄弟。また異母兄弟にアウトラオスがいた[1]。1子クレイトールの父[2]

アザーンは、アルカスが王国を3つに分割したとき、くじでアザニアーを得た[3]。一説によると、アザーンはオーレノスの王デクサメノスの娘ヒッポリュテーと結婚したが、ケンタウロスエウリュティオーンがヒッポリュテーに乱暴をしようとしたため、結婚式に出席していたヘーラクレースが退治したといわれる[4]。またアザーンの死後に行われた競技祭は葬礼競技の嚆矢とされるが[5]エーリスの王アイトーロスが追放されたのは、この競技祭で殺人を犯してしまったからだという[6]。なお、子のクレイトールはアルカディアの王となったが子供がなかったので、王権はエラトスの子アイピュトスに移ったという[7]

脚注[編集]

  1. ^ パウサニアス、8巻4・2。
  2. ^ パウサニアス、8巻4・4ほか。
  3. ^ パウサニアス、8巻4・3。くじについては同8巻53・6、53・9。
  4. ^ シケリアのディオドロス、4巻33・1。
  5. ^ パウサニアス、8巻4・5。
  6. ^ パウサニアス、5巻1・8。
  7. ^ パウサニアス、8巻4・7。

参考文献[編集]