ヘーシオネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘーラクレースに助けられるヘーシオネー。

ヘーシオネー古希: Ἡσιόνη, Hēsionē)は、ギリシア神話の女神、もしくは女性。長母音を省略してヘシオネとも表記される。


ヘーシオネーἩσιόνη, Hēsionē)は、ギリシア神話の女性である。トローイア王ラーオメドーンの娘で、ティートーノスラムポスヒケターオーンクリュティオスポダルケースプリアモス)、キラアステュオケーと兄弟[3]サラミース島の王テラモーンとの間にテウクロスを生んだ[4]

ヘーシオネーの父ラーオメドーンは、アポローンポセイドーンを雇ってトローイアに城壁を築いたが報酬を支払わなかった。このためトローイアは神の怒りに触れ、ポセイドーンは海の怪物を送り込んでトロイア人を襲せた。ラーオメドーンは災厄から逃れるため神託に従ってヘーシオネーを怪物に捧げた。そのときヘーラクレースがやって来て、怪物を倒し、ヘーシオネーを救い出した。しかしラーオメドーンはヘーラクレースにも報酬を払おうとしなかった。ヘーラクレースは復讐を誓ってトローイアを去っていった[5]

後にヘーラクレースはトローイアを征服し、ヘーシオネーはラーオメドーンや他の兄弟とともに捕らわれた。ヘーシオネーはヘーラクレースに助けてほしい者を1人選べと言われ、ポダルケースを選んだ。さらに何か代償を払って買い戻せと言われたので、頭からヴェールをとって代償とし、ポダルケースを自由の身にした。ラーオメドーンと他の兄弟たちは殺され、ヘーシオネーはテラモーンに与えられた。またポダルケースはこれにちなんでプリアモスと呼ばれるようになった[6]

なおウェルギリウスによれば、後にヘーシオネーはサラミース島でプリアモスやアンキーセースの訪問を受けたとされる[7]

系図[編集]


 
 
 
 
ダルダノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリクトニオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トロース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ガニュメーデース
 
イーロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アッサラコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラーオメドーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テミステー
 
カピュス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘカベー
 
プリアモス
 
ヘーシオネー
 
テラモーン
 
アステュオケー
 
テーレポス
 
ヘレネー
 
 
アンキーセース
 
アフロディテ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュドーロス
 
 
ヘクトール
 
カッサンドラ
 
ヘレノス
 
デーイポボス
 
ポリュクセネー
 
パリス
 
 
アイネイアース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンドロマケー
 
 
アステュアナクス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アスカニオス
 
 
 
 
 
 


脚注[編集]

  1. ^ アイスキュロス縛られたプロメテウス』560。
  2. ^ ケルコープス(アポロドーロスによる引用、2巻1・5)。
  3. ^ アポロドーロス、3巻12・3。
  4. ^ アポロドーロス、3巻12・7。
  5. ^ アポロドーロス、2巻5・9。ヒュギーヌス、31、89も参照。
  6. ^ アポロドーロス、6巻4。
  7. ^ ウェルギリウス『アエネーイス』8巻157~158。

参考文献[編集]