ヘカベー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
200年ごろのローマのサルコファガス

ヘカベー古希: Ἑκάβη, Hekabē, ラテン語: Hecuba)は、ギリシア神話に登場する女王で、イリオスの王プリアモスの妻である。長母音を省略してヘカベとも表記される。

ヘカベーはプリュギアの生まれで、父はデュマース、 母はエウノエーである。しかしヘカベーの親には諸説があり、トラキアキッセウスの娘とも、河神サンガリオスメトーペーの娘ともいわれる。

プリアモスとの間にはヘクトールパリスデーイポボスヘレノス、パムモーン、ポリーテースアンティポス、ヒッポノオス、ポリュドーロスクレウーサラーオディケーポリュクセネーカッサンドラーなど19人の子供が生まれた。またアポローンとの間にはトローイロスが生まれた。

イーリアス』の中では、ヘカベーはヘクトールの母として登場し、24巻では息子の死を嘆く有名なシーンがある。

アポローンとの子トローイロスは生きて20歳になれば、イーリオスが敗北することはないだろうと予言された。

プリアモスとの間の最も若い子であるポリュドーロスは、トロイア戦争の際に騙されて殺され、ヘカベーは復讐を果たした。また別の言い伝えでは、ヘカベーはポリュドーロスとポリクセネーの遺体を見て発狂したとも伝えられている。

また他の説として、彼女はオデュッセウスに奴隷として差し出されたが、彼に呪いをかけようとし、神が彼女を犬に変えて逃がしたと伝えられている。


 
 
 
 
ダルダノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリクトニオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トロース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ガニュメーデース
 
イーロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アッサラコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラーオメドーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テミステー
 
カピュス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘカベー
 
プリアモス
 
ヘーシオネー
 
テラモーン
 
アステュオケー
 
テーレポス
 
ヘレネー
 
 
アンキーセース
 
アフロディーテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュドーロス
 
 
ヘクトール
 
カッサンドラ
 
ヘレノス
 
デーイポボス
 
ポリュクセネー
 
パリス
 
 
 
 
アイネイアース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンドロマケー
 
 
アステュアナクス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アスカニオス