小アイアース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カッサンドラーを凌辱する小アイアース
岩礁上で神をなみする小アイアース

小アイアース古希: Αἴας, Aiās, ラテン語: Ajax)は、ギリシア神話に登場する英雄である。長母音を省略してアイアスとも表記する。

ロクリスオイレウスとエリオーピスの子。異母兄弟にメドーンがいる。トロイア戦争にはロクリス人を率いて40隻の船と共に参加した。テラモーンの子アイアース(大アイアース)と区別するために小アイアースと呼ばれる。小柄だが足が速く、大アイアースと組にして両アイアースなどと呼ばれる。

神をうやまわない不遜な人物として描かれる。『ビブリオテーケー』によればイーリオス(トロイア)陥落に際して、アテーナーの像に抱きついていたカッサンドラー強姦した。アテナ像が上を向くようになったのは、この時の場面を見るのを嫌ったからであるという。またパウサニアス『ギリシア案内記』やエウリピデス『トロイアの女』ではアテーナー像ごと押し倒したとしており、さらにアテーナーを激怒させている。ギリシャ軍が帰還しようとすると、予言者であるカルカースがアテーナーが怒っていることを告げた。初めてアイアースの蛮行を知ったギリシャ人たちはアイアースを殺そうとしたが、祭壇に逃れたため果たせなかった。

アイアースの末路については『オデュッセイア』が伝える。アテーナーの怒りを買ったアイアースは女神アテーナーが送った嵐で帰途の航海中に難破するが、一時は海神ポセイドーンに救われて岩礁に乗り上げる。しかしそこで、神の怒りも自分には及ばないと勝ち誇ったため、ポセイドーンが三叉の矛を投げつけて岩礁を打ち砕いた。結局彼は溺死した。

その後も女神の怒りは解けず、ロクリスの人々は毎年娘を二人ずつトロイアアテーナー神殿に送らねばならなかった。