アンティロコス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンティロコス古希: Ἀντίλοχος, Antilochos英語: Antilochus)は、ギリシア神話の人物である。ピュロスの王ネストールの子で、ペルセウス、アレートス、エケプローン、ペイシストラトストラシュメーデースペイシディケー、ポリュカステーと兄弟[1]で、パイオーンの父[2]である。

ヘレネーの求婚者の1人[3]であり、トロイア戦争におけるギリシア軍の武将の1人である。アンティロコスは俊足の優れた戦士で[4]パトロクロスに次ぐアキレウスのお気に入りだった[5]。アンティロコスがエーオースの子(メムノーン)に討たれたことはすでに『オデュッセイア』で述べられ[6]ピンダロスは彼の死を称えている[7]。またアンティロコスはアイスキュロスの散逸した悲劇ミュルミードーン』の登場人物であった[8]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、1巻9・9。
  2. ^ パウサニアス、2巻18・8。
  3. ^ アポロドーロス、3巻10・8
  4. ^ 『オデュッセイア』4巻・202。
  5. ^ 『オデュッセイア』24巻・78。他『イーリアス』23巻555~562を参照。
  6. ^ 『オデュッセイア』4巻187。
  7. ^ ピンダロス『ピュティア祝勝歌』第6歌28~39。
  8. ^ アイスキュロス断片、138。

参考文献[編集]