マカーオーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
負傷したメネラーオスを治療するマカーオーン。

マカーオーン古希: Μαχάων, Machāōn)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してマカオンとも表記される。医神アスクレーピオスの子で、ポダレイリオスと兄弟。アレクサノール、スピュロス、ポレモクラテース、ニーコマコス、ゴルガソスの父[1]

アスクレーピオスの子であるマカーオーンとポダレイリオスはともに名医であり、特にマカーオーンは外科、ポダレイリオスは内科に長けていた。彼らはヘレネーの求婚者の1人で[2]トロイア戦争ではポダレイリオスとともにトリッケーの軍勢30隻を率いて参加した。マカーオーンはアスクレーピオスがケイローンから授かった薬を持っており[3]ギリシア軍の軍医的存在であった。

イーリアス』初日、マカーオーンはパンダロスの矢に傷つけられたメネラーオスをケイローンの薬で癒し、3日目には最大の激戦区だったスカマンドロス河沿いでイードメネウスネストールとともに戦った。しかしパリスの矢を受け、それを見たイードメネウスはネストールに「傷の手当てができる者は他の者より何倍も価値があるから」と言い、マカーオーンを戦場から運び出すよう頼んだ。そこでマカーオーンはネストールの戦車に乗って戦場を脱出したが、それを見たアキレウスは心配してパトロクロスをネストールの陣に遣わした[4]。後にマカーオーンはニーレウスとともにテーレポスの子エウリュピュロスに討たれた[5]。あるいはアマゾーンの女王ペンテシレイアに討たれたともいわれる[6]。しかしマカーオーンは戦死せずに木馬作戦に加わったとも[7]ピロクテーテースを癒したのはポダレイリオスではなくマカーオーンであるともいわれる[8]

メッセーネーの伝承では、マカーオーンとポダレイリオスはメッセーネーの出身で、一部の人々が彼らを王とした。また彼らはメッセーネーの武将としてトロイア戦争に参加した。戦後、ネストールはマカーオーンの遺骨を持ち帰ったといわれ、かつてネストールが養育されたというゲレーニアにはマカーオーンの墓と聖域があった。聖域はロドスと呼ばれ、病気の癒しが行われた。この聖域を最初に祭祀したのはヘーラクレイダイ出身のメッセーネー王グラウコスであったという[9]

脚注[編集]

  1. ^ パウサニアス、2巻11・5、23・4、38・6、4巻30・3。
  2. ^ アポロドーロス、3巻10・8。ヒュギーヌス、81。
  3. ^ 『イーリアス』2巻、4巻。
  4. ^ 『イーリアス』4巻、11巻。
  5. ^ スミュルナのコイントス、6巻。
  6. ^ アポロドーロス、摘要(E)5・1。
  7. ^ ウェルギリウスアエネーイス』2巻263。ヒュギーヌス、108。
  8. ^ 『小イーリアス』概要(プロクロス『文学便覧』)。
  9. ^ パウサニアス、3巻26・9、26・10、4巻3・1、3・2、3・9。

参考文献[編集]