パトロクロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パトロクロスに包帯を巻くアキレウス。ベルリン旧博物館所蔵

パトロクロス古代ギリシャ語: Πάτροκλος, Patroklos, 英語: Patroclus)、あるいはパトロクレース古代ギリシャ語: Πάτροκλος, Patroklēs)は、ギリシア神話の登場人物である。トロイア戦争の英雄アキレウスに仕えた武将で、主人のアキレウスとは竹馬の友でもあった。

トロイア戦争にアキレウスに従って参加。ギリシア側の総大将アガメムノーンと諍いを起こして出陣を拒否したアキレウスの代わりに、アキレウスの鎧を借りて出陣し、ギリシア軍の劣勢を挽回する活躍をした。しかし、パトロクロス自身はヘクトールに討たれた。 それをきっかけとしてアキレウスが出陣し、アキレス腱を討たれて陣没することになる。ホメロスの叙事詩『イーリアス』は、この一部始終を描いたものである。

 
 
 
 
 
 
オーケアノス
 
テーテュース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アーソーポス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゼウス
 
 
アイギーナ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アクトール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エンデーイス
 
 
アイアコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プサマテー
 
メノイティオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペーレウス
 
テティス
 
ペリボイア
 
テラモーン
 
ヘーシオネー
 
ポーコス
 
パトロクロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アキレウス
 
デーイダメイア
 
 
 
大アイアース
 
テウクロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ネオプトレモス
 
 
 
 
 
エウリュサケース
 
 
 
 
 
 
 
 
 


また、彼に因んで名付けられたものに以下のものがある。