デーイオーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ディオメーデーから転送)
移動: 案内検索

デーイオーン古希: Δηΐων, Dēïōn)は、ギリシア神話の人物で、ポーキスの王である。長母音を省略してデイオンとも表記される。

アイオロスエナレテーの子で、クレーテウスサルモーネウスシーシュポスアタマースマグネースペリエーレースカナケーアルキュオネーペイシディケーカリュケーペリメーデーと兄弟[1]

クスートスの娘ディオメーデーDiomede)を妻とし、1女アステロディアーと、4子アイネトス、アクトールピュラコスケパロスを得た[2]

デーイオーンの子供の中では特にケパロスが有名で、彼は暁の女神エーオースや、プロクリスに愛された[3][4]。しかしケパロスの系譜には異説があり、しばしば混乱が見られる。アポロドーロスによればエーオースに愛されたケパロスはアテーナイケクロプスの娘ヘルセーヘルメースの子であり[5]、プロクリスに愛されたケパロスとは別人である[6]


アイオロス
 
クスートス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
デーイオーン
 
ディオメーデー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ピュラコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エーオース
 
ケパロス
 
プロクリス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーピクロス
 
 
 
 
 
アカストス
 
 
 
 
 
アルケイシオス
 
アウトリュコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポダルケース
 
プローテシラーオス
 
ラーオダメイア
 
 
 
 
 
ラーエルテース
 
アンティクレイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オデュッセウス
 
 
 
 


脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、1巻7・3。
  2. ^ アポロドーロス、1巻9・4。
  3. ^ アントーニーヌス・リーベラーリス、41。
  4. ^ ヒュギーヌス、189。
  5. ^ アポロドーロス、1巻14・3。
  6. ^ アポロドーロス、3巻15・1。

参考文献[編集]