エペイオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
木馬を建造するエペイオス(パノペウスの子)

エペイオス古希: Ἐπειός, Epeios, ラテン語: Epeus, Epius)は、ギリシア神話の人物である。主に、

が知られている。以下に説明する。

エンデュミオーンの子[編集]

このエペイオスは、エーリスの王エンデュミオーンの子で、パイオーンアイトーロス、エウリュキーデーと兄弟[1]コローノスの娘アナクシロエーとの間にヒュルミナーをもうけた[2]。ヒュルミナーはポルバースの妻で、アクトールの母であり、アクトールはモリオネの父[3]

父エンデュミオーンは後継者を徒競走の勝利者とし、エペイオスが勝利したので王位を継承し、これにちなんでエーリス人をエペイオス人(エペイオイ)と呼ぶようになったといわれる[1]。その後、ピーサの王オイノマオスを殺して王となったペロプスオリュンピアを奪われた[4]。エペイオスの死後、アイトーロスが王となった[5]

パノペウスの子[編集]

このエペイオスは、パノペウスの子である。パノペウスはアイギーナ島の王アイアコスの子のポーコスの子。トロイア戦争に参加した武将の1人で、優れた拳闘家、工匠であり、トロイアの木馬の建造者として知られる。

一説によると、エペイオスはキュクラデス諸島の軍勢30隻を率いてトロイア戦争に参加したといわれ[6]パトロクロスの葬礼競技ではエウリュアロスに勝利したが、戦争では目立った活躍をしなかった[7]

しかしトロイア戦争の末期、エペイオスはオデュッセウスが木馬作戦を提案するのを聞き、胴体の内部が空洞になった強大な木馬を建造した[8]。あるいはアテーナーに助けられて[9]、あるいはアテーナーに助言されて[10]、またあるいはヘレノス予言によって建造したともいわれる[11]

スミュルナのクイントゥスによれば、オデュッセウスが作戦会議で木馬作戦を提案した夜、エペイオスの夢にアテーナーが現れて木馬の建造を命じ、女神自身もそれを手伝うと述べたという。エペイオスは木馬の扉の開閉やはしごの出し入れを知りぬいているため、木馬作戦に参加し、最後に乗り込んだ。そして木馬がトロイアに運び込まれたとき、シノーンの合図で木馬の扉を開いて戦士たちを外に出した[12]

脚注[編集]

  1. ^ a b パウサニアス、5巻1・4。
  2. ^ パウサニアス、5巻1・6。
  3. ^ パウサニアス、5巻1・11。
  4. ^ パウサニアス、5巻1・7。
  5. ^ パウサニアス、5巻1・8。
  6. ^ クレータのディクテュス、1巻17。
  7. ^ 『イーリアス』23巻。
  8. ^ アポロドーロス、摘要(E)5・14。
  9. ^ オデュッセイア』8巻。
  10. ^ ヒュギーヌス、108。トリピオドーロス
  11. ^ クレータのディクテュス、5巻9、5巻11。
  12. ^ スミュルナのクイントゥス、12巻、13巻。

参考文献[編集]