ペーネレオース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ペーネレオース古希: Πηνέλεως, Pēneleōs)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してペネレオスとも表記される。ヒッパルモスの子[1]、あるいはヒッパルコスとアステロペーの子[2]、あるいはイトーノスの子ヒッパルキモスの子[3]アルゴナウタイの1人[4]ヘレネーの求婚者の1人[5]

トロイア戦争では、テーバイテルサンドロスミューシアで戦死したとき、王の子ティーサメノスが若かったためテーバイの武将に選ばれ[6]ボイオーティア勢の長として、レーイトスアルケシラーオスプロトエーノールクロニオスとともに参加し、12隻の軍勢を率いた[7]。ペーネレオースはプロマコスを討ったアカマースを退かせつつ、ポルバースの子イーリオネウス、さらにリュコーンを討ったが、ゼウストロイアの味方をしてアイギスを振りかざしたとき一番に逃げ出し、プーリュダマースの槍に傷つけられた[8]。その後テーレポスの子エウリュピュロスに討たれたとも[9]、戦死せずに木馬作戦に参加し[10]、コロエブスを討ったともいう[11]

なお、ペーネレオースには子オペルテースがあり、ダマシクトーン、プトレマイオス、クサントスと子孫が続いた。他にはピロータースがいた。ダマシクトーンはティーサメノスの死後、テーバイ王。[12]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、1巻9・16。
  2. ^ ヒュギーヌス、97。
  3. ^ シケリアのディオドロス、4巻67・7。
  4. ^ アポロドーロス、1巻9・16。
  5. ^ ヒュギーヌス、81。
  6. ^ パウサニアス、9巻6・15。
  7. ^ 『イーリアス』2巻494、495。ヒュギーヌス、97。
  8. ^ 『イーリアス』14巻、16巻、17巻。
  9. ^ スミュルナのコイントス、7巻。
  10. ^ トリピオドーロス
  11. ^ ウェルギリウスアエネアース』2巻424~425。
  12. ^ パウサニアス、9巻5・16。7巻2・3、2・10。

参考文献[編集]