ネメアーの獅子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘーラクレースに殺されるライオン。

ネメアの獅子(ネメアのしし、Nemean lion)はギリシア神話に登場するライオンネメアーというに住み着き、家畜を襲ったとされる。

母はエキドナ、父はその子オルトロスとも[1]テューポーンともいわれる[2]

皮は分厚く、さらにその皮膚の下に筋肉が変化して出来た甲羅があるという。ヘーラクレースの12の難行のうち、最初の難行がネメアーの獅子を倒す事であったが、ヘーラクレースはを撃ち、次いで棍棒で殴ったが毛皮には傷一つつかなかった。しかしヘーラクレースに矢も通さぬ体を3日間締め上げられて殺された。その後、その皮は自らの爪で引き裂かれて彼のにされ、肉は食べられたという。その後、ネメアーの獅子のは、ゼウスによって星座の一つである『獅子座』になったと言われている。

通常のライオンよりも大柄、洞窟を住居とする、単独生活など推察されているヨーロッパホラアナライオンの生態と共通点が目立つ。

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス、327。
  2. ^ アポロドーロス、2巻5・1。