バックス (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バックス
2063 Bacchus
仮符号・別名 1977 HB
分類 地球近傍小惑星
軌道の種類 アポロ群
金星横断
火星横断
発見
発見日 1977年4月24日
発見者 C. T. コワル
軌道要素と性質
元期:2010年1月4日 (JD 2,455,200.5)
軌道長半径 (a) 1.078 AU
近日点距離 (q) 0.701 AU
遠日点距離 (Q) 1.455 AU
離心率 (e) 0.350
公転周期 (P) 1.12
軌道傾斜角 (i) 9.43
近日点引数 (ω) 55.26 度
昇交点黄経 (Ω) 33.14 度
平均近点角 (M) 167.61 度
物理的性質
三軸径 2.6 × 1.1
× 1.1 km
質量 3.3 ×1012 kg
平均密度 2? g/cm3
表面重力 0.0004 m/s2
(0.00004 G)
脱出速度 0.8 m/s
自転周期 14 時間 54 分1
スペクトル分類 Q / Sq
絶対等級 (H) 17.1
アルベド(反射能) 0.56
表面温度 ~224 K
■Project ■Template

バックス (2063 Bacchus) は、アポロ群小惑星である。1977年4月24日に、パロマー天文台においてチャールズ・トーマス・コワルが発見した。ローマ神話の神バックス(バッカス)にちなんで命名された。

1996年3月に、この小惑星の形状を明らかにするために、ゴールドストーン天文台 (en) においてジェット推進研究所 (JPL) の科学者スティーヴン・オストロ (en) と ランス・ベンナー (en) の主導でレーダー天文学的分析が行われた [1]。 また、ペトル・プラヴェツ (en)、マレク・ヴォルフ (en)、レンカ・シャロウノヴァー (en) らによって、1996年の3月から4月にかけて光学的観測が行われた。

この小惑星の大きさはおよそ 2.6 × 1.1 × 1.1 km ほどで、双葉型をしており、Q型小惑星に分類されている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Benner, L. A. M., R. S. Hudson, S. J. Ostro, K. D. Rosema, J. D. Giorgini, D. K. Yeomans, R. F. Jurgens, D. L. Mitchell, R. Winkler, R. Rose, M. A. Slade, M. L. Thomas, and P. Pravec. Radar observations of asteroid 2063 Bacchus. Icarus 139, 309-327 (1999)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
アテン (小惑星)
小惑星
バックス (小惑星)
次の小惑星:
トムセン (小惑星)