ディー・コンセンテス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディー・コンセンテス十二神

ディー・コンセンテス(Dii Consentes)は、ローマ神話に登場する12人の最高神の総称。ギリシア神話オリュンポス十二神と対応する。ユーピテル大神を含む6人の男神と6人の女神に組成される。また、「コーンセンテース・デイー」も呼ばれ、共に「調和せし神々」の意味を持っている。

十二神[編集]

  1. ユーピテル(Jupiter) - 雷光を司る主神。
  2. ユーノー(Juno) - ユーピテルの妻で、神々の女王。婚姻を司る女神。
  3. ミネルウァ(Minerva) - 知恵・商業・魔術・戦いを司る女神。
  4. アポロー(Apollon) - 予言・音楽・太陽を司る男神。
  5. ウェヌス(Venus) - 愛と美の女神。
  6. マールス(Mars) - 戦争を司る軍神。
  7. ディアーナ(Diana) - 月を司る狩の女神。
  8. ケレース(Ceres) - 農耕・大地を司る女神。
  9. ウゥルカーヌス(Vulcanus) - 火を司る男神。
  10. メルクリウス(Mercurius) - 商業・盗賊・通信・旅行を司る男神。
  11. ネプトゥーヌス(Neptune) - 海洋を司る男神。
  12. ウェスタ(Vesta) - かまどを司る女神。

関連項目[編集]