プルートー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローマ神話
Bas relief from Arch of Marcus Aurelius showing sacrifice.jpg
主な原典
アエネーイス - 変身物語
ディー・コンセンテス
オリュンポス十二神相当)
ユーピテル - ユーノー
ミネルウァ - アポロ
ウェヌス - マールス
ディアーナ - ケレース
ウゥルカーヌス - メルクリウス
ネプトゥーヌス - ウェスタ
バックス
その他の神々
ユースティティア - クピド
ウラヌス - サートゥルヌス
アウローラ - プルートー
ヤーヌス - フォルトゥーナ
主な神殿・史跡
パンテオン
ウェヌスとローマ神殿
ウェスタ神殿
サートゥルヌス神殿
メゾン・カレ

プルートーラテン語Plūtō)は、ローマ神話における冥界を司るギリシア神話ハーデースがローマ神話に取り入れられたものである。日本語では長母音記号を省略し、プルトプルートプルトーなどともいう。

この名はギリシア語プルートーンΠλούτων, Plūtōn, 「富める者」の意)が転訛したもので、ハーデースの呼称の一つだった。これをラテン語に訳したディース・パテル(ディス・パテル、Dis Pater)という名でも知られる。

本来はギリシア神話の神であるため、神話はほとんどがハーデースのものである。後に死の国の魔神オルクスや慰霊の神フェブルウスと同一視された。

全くの別物であるが、ダンテの『神曲』「地獄篇」にも同名が登場する。

現代西洋占星術では冥王星の守護神とされる。

核兵器原子力発電所で利用されているプルトニウム(Plutonium)の語源は、先に発見された放射性元素であるウランネプツニウムがそれぞれ天王星海王星に因んで命名されたのを継承して、冥王星に因んで命名された物であり、直接プルートーには関係していない。

関連項目[編集]