パラス (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パラスPallas symbol.svg
2 Pallas
PallasHST2007.jpg
2007年ハッブル宇宙望遠鏡
撮影したパラス
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
パラス族
発見
発見日 1802年3月28日
発見者 H. オルバース
軌道要素と性質
元期:2010年7月23日 (JD 2,455,400.5)
軌道長半径 (a) 2.772 AU
近日点距離 (q) 2.132 AU
遠日点距離 (Q) 3.413 AU
離心率 (e) 0.231
公転周期 (P) 4.62
軌道傾斜角 (i) 34.84
近日点引数 (ω) 310.15 度
昇交点黄経 (Ω) 173.13 度
平均近点角 (M) 96.15 度
物理的性質
三軸径 582 × 556
× 500 km
質量 2.06 ×1020 kg
平均密度 4.2 g/cm3
表面重力 0.16 m/s2
脱出速度 0.35 km/s
自転周期 7.8132 時間
スペクトル分類 B
絶対等級 (H) 4.13
光度係数 (G) 0.11
アルベド(反射能) 0.1587
表面温度 ~226 K
色指数 (B-V) 0.635
色指数 (U-B) 0.284
■Project ■Template

パラス (2 Pallas) は小惑星帯最大の小惑星。以前はケレスが最大の小惑星であったが、2006年IAU総会でケレスが準惑星に分類されたため、小惑星帯ではパラスが最大となった。なおパラスも将来的に準惑星に分類される可能性がある。

1802年3月28日ドイツブレーメンハインリヒ・オルバースにより発見され、ギリシア神話に登場するトリートーンの娘パラスにちなんで命名された(ギリシア神話にはパラスという名の男性も登場するが、初期の小惑星はすべて女性名が付けられた)。

特徴[編集]

パラスの軌道。青がパラス、
赤が惑星(一番外側の赤は木星)、
黒が太陽。

パラスは小惑星帯(メインベルト)の中では、かつて最大の小惑星だったケレス(2006年以降は準惑星)に次いで大きい天体である。軌道はメインベルトの中央部分に位置するが、大型の小惑星にしては軌道傾斜角離心率が大きい。パラスの構成成分は独特であるが、C型小惑星に大変よく似ている。

パラスによる星の掩蔽(恒星食)は数回観測されており、それによって正確な直径が得られた。

1979年5月29日の恒星食で、パラスに直径1km程度の衛星があると報告されたが、確証は得られていない。1980年にはスペックル干渉法により直径175kmの衛星が見つかったと報告されたが、後に間違いだと分かった。

2007年ハッブル宇宙望遠鏡によりパラスの映像が撮影され、正八面体に近い形が確認された。

パラスにはいまだ探査機は訪れていないが、アメリカ航空宇宙局 (NASA) のドーン計画が成功してケレスとベスタの探査が無事に終われば、ミッションを延長してパラスの探査が行われるかもしれない。

元素のパラジウム(原子番号46)はパラスにちなんで命名された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
ケレス (準惑星)
小惑星
パラス (小惑星)
次の小惑星:
ジュノー (小惑星)