マルペーッサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イーダースからマルペーッサを奪おうとするアポローンと、両者の間に割って入るゼウス。ミュンヘン州立古代美術博物館en)所蔵

マルペーッサ古希: Μάρπησσα, Marpēssa)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してマルペッサとも表記される。エウエーノスの娘で、メッセーネーの英雄イーダースの妻、クレオパトラーの母。クレオパトラーはメレアグロスの妻となった[1]

父エウエーノスは、マルペーッサの求婚者を戦車競走で負かした後に殺していた。しかしイーダースがマルペーッサに恋をし、海神ポセイドーンから有翼の戦車を借りて彼女を連れ去った。エウエーノスは戦車を駆って追いかけたが出来ず、絶望してを殺し、川に身を投げた。

ところが2人がメッセーネーに来たとき、イーダースと同じくマルペーッサに恋していたアポローンが彼女を奪った。イーダースから引き離された彼女はカワセミ(アルキュオン)のように泣いた[2]。イーダースはアポローンに挑み、両者はマルペーッサをめぐって争った。このためゼウスが仲裁に入り、マルペーッサにどちらを夫とするかを選ばせた。マルペーッサは自分が年老いたとき、不死のアポローンに捨てられることを恐れ、イーダースを夫に選んだ[3]

2人の間には1女クレオパトラーが生まれ、2人はマルペーッサがアポローンにさらわれたときのことにちなんでアルキュオネーというあだ名で呼んだ[4]。後にマルペーッサはイーダースが死んだとき、自らも夫の後を追って死んだ[5]

ケパロス
 
プロクリス
 
ペルセウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルケイシオス
 
オイバロス
 
ゴルゴポネー
 
ペリエーレース
 
 
 
 
 
デーモニーケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンティクレイア
 
ラーエルテース
 
イーカリオス
 
アパレウス
 
レウキッポス
 
エウエーノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クティメネー
 
オデュッセウス
 
ペーネロペー
 
リュンケウス
 
イーダース
 
マルペーッサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テーレマコス
 
 
 
 
 
 
 
メレアグロス
 
クレオパトラー
 
 
 


脚注[編集]

  1. ^ イーリアス』9巻。アポロドーロス、1巻7・8、8・2。
  2. ^ 『イーイアス』9巻。
  3. ^ アポロドーロス、1巻7・8~7・9。
  4. ^ 『イーリアス』9巻。
  5. ^ パウサニアス、4巻2・7。

参考文献[編集]