オイクレース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オイクレース古希: Οἰλῆς, Oiklēs)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してオイクレスとも表記される。予言者メラムプースの子アンティパテース[1]ヒッポコオーンの娘ゼウクシッペーの子で、アムパルケースと兄弟[2]テスティオスの娘ヒュペルムネーストラーとの間にアムピアラーオスをもうけた[3]。一説にオイクレースの父はアンティパテースの兄弟のマンティオスといわれ[4]、また妻はテスピオスの娘ヒュペルムネーストラーで、イーピアネイラ、ポリュボイア、アムピアラーオスをもうけたとも[5]、あるいはアムピアラーオスの父はアポローンであるともいわれる[6]

オイクレースはヘーラクレーストロイア遠征に参加し、ヘーラクレースがトロイアを攻撃している間、船に残ってこれを守った。しかしトロイア王ラーオメドーンが率いるトロイア軍の攻撃を受け、戻ってきたヘーラクレースの軍がトロイア軍を追い払ったがオイクレースは戦死した[7]

アルカディアの伝承ではオイクレースはトロイア遠征に参加しなかったらしく、アルカディアのメガロポリスからマイナロスに通じる道にオイクレースの墓があった。しかしパウサニアスはオイクレースがトロイア遠征に参加しなかったという伝承について懐疑的である[8]。その一方で孫にあたるアルクマイオーンが母エリピューレーを殺した罪で放浪したさいに、一時アルカディアのオイクレースのところに身を寄せたという伝承がある[9]。なおシケリアのディオドロスによれば、トロイア遠征に参加したのはアムピアラーオスの子のオイクレースであるという[10]

系図[編集]


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘレーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイオロス
 
エナレテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルキュオネー
 
カナケー
 
カリュケー
 
サルモーネウス
 
 
クレーテウス
 
シーシュポス
 
アタマース
 
デーイオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テューロー
 
 
アイソーン
 
アミュターオーン
 
プリクソス
 
ヘレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペレース
 
 
 
 
 
ペリアース
 
ネーレウス
 
イアーソーン
 
 
ビアース
 
メラムプース
 
 
アンティパテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アドメートス
 
アルケースティス
 
アカストス
 
ネストール
 
ペーロー
 
 
タラオス
 
アバース
 
オイクレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウメーロス
 
 
 
 
 
ラーオダメイア
 
ペイシストラトス
 
 
 
 
 
アドラーストス
 
エリピューレー
 
アムピアラーオス
 
 
 

脚注[編集]

  1. ^ オデュッセイア』15巻243。
  2. ^ シケリアのディオドロス、4巻68・5。
  3. ^ ヒュギーヌス、70、73、128、250。
  4. ^ パウサニアス、6巻17・6。
  5. ^ シケリアのディオドロス、4巻68・5。
  6. ^ ヒュギーヌス、70、128。
  7. ^ アポロドーロス、2巻6・4。
  8. ^ パウサニアス、8巻36・6。
  9. ^ アポロドーロス、3巻7・5。
  10. ^ シケリアのディオドロス、4巻32・2。

参考文献[編集]