アルケースティス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルケースティスの死。アンゲリカ・カウフマン

アルケースティス古希: Ἄλκηστις, Alkēstis)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してアルケスティスとも表記される。

イオールコスペリアースビアースの娘アナクシビアーの娘で、アカストスペイシディケー、ペロペイア(ペロピア)、ヒッポトエーと兄弟[1]ペライアドメートスの妻となり、エウメーロスを生んだ[2]。またペリメーレーという娘もいた[3]

アルケースティスは貞淑な女性として有名で[4]、若く死ぬ運命にあった夫の身代わりになって死んだといわれる。

神話[編集]

父ペリアースはアルケースティスに大勢の求婚者が現れたとき、戦車に獅子と猪をつないだ者に娘を与えるとした。そこで求婚者の1人アドメートスに仕えていたアポローンが戦車に獅子と猪をつないでアドメートスに渡し、アドメートスはそれをペリアースのところに持って行った。こうしてアルケースティスはアドメートスと結婚した。しかしアドメートスは結婚式のときにアルテミスのみ供犠することを忘れたため、アルテミスは新婚の部屋をヘビで満たした。そこでアポローンの助言に従ってアルテミスの怒りをおさめ、またアポローンはモイライからアドメートスが若くして死ぬ運命にあり、助かるには両親か妻がアドメートスの代わりに死ぬしかないことを聞き出した。アドメートスの両親がそれを拒んだとき、アルケースティスは夫の身代わりとなって死に、夫の命を救った。しかしペルセポネーはアルケースティスを地上に帰したとも、ヘーラクレースハーデースと戦って取り返したともいわれる[5]

エウリーピデース悲劇アルケースティス』によると、ヘーラクレースはアルケースティスの墓に行ってタナトスを待ち伏せし、アルケースティスを返すまでタナトスを締め上げた。このためタナトスは諦めて退散し、ヘーラクレースは生き返ったアルケースティスをアドメートスのところに連れて行ったという[6]

系図[編集]


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘレーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイオロス
 
エナレテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルキュオネー
 
カナケー
 
カリュケー
 
サルモーネウス
 
 
クレーテウス
 
シーシュポス
 
アタマース
 
デーイオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テューロー
 
 
アイソーン
 
アミュターオーン
 
プリクソス
 
ヘレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペレース
 
 
 
 
 
ペリアース
 
ネーレウス
 
イアーソーン
 
 
ビアース
 
メラムプース
 
 
アンティパテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アドメートス
 
アルケースティス
 
アカストス
 
ネストール
 
ペーロー
 
 
タラオス
 
アバース
 
オイクレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウメーロス
 
 
 
 
 
ラーオダメイア
 
ペイシストラトス
 
 
 
 
 
アドラーストス
 
エリピューレー
 
アムピアラーオス
 
 
 

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、1巻9・10。
  2. ^ 『イーリアス』2巻・711~715。エウリーピデース『アルケースティス』。
  3. ^ アントーニーヌス・リーベラーリス、23。エウリーピデース『アルケースティス』も参照。
  4. ^ ヒュギーヌス、256。
  5. ^ アポロドーロス、1巻9・15、2巻2・6。ヒュギーヌス、50、51、243、251も参照。
  6. ^ エウリーピデース『アルケースティス』。

参考文献[編集]

関連項目[編集]