アドメートス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アドメートス古希: ῎Αδμητος, Admētos, ラテン語: Admetus)は、ギリシア神話に登場するテッサリア地方ペライの王である。長母音を省略してアドメトスとも表記する。ペライを建設したペレースの子であり、ネメアーの王となったリュクールゴスとは兄弟。カール・ケレーニイによれば、「アドメートス」とは、「征服されない男」の意。

父ペレースの兄弟にアイソーンがあり、したがって、アイソーンの子イアーソーンとアドメートスは従兄弟の関係である。アドメートスはイアーソーン率いるアルゴナウタイの冒険に参加し、また、カリュドーンの猪狩りにも加わった。

神話[編集]

アポローンの息子アスクレーピオスが死者を生き返らせたため、ゼウスは雷霆をもってアスクレーピオスを撃ち殺した。これに怒ったアポローンは、ゼウスのために雷霆を作っていたキュクロープスたちを殺した。ゼウスはアポローンをタルタロスに落とそうとしたが、レートーの乞いによって罪を減じ、1年の間人間に仕えるよう命じた[1]。そしてアポローンが仕えた人間がアドメートスである。アポローンはアドメートスの牛飼い(羊飼いとも)となり、アドメートスの牛に双生児を産ませて増やした。

オスティアサルコファガスに刻まれた、アドメートスとアルケースティスの物語の一場面。

アドメートスはイオルコスペリアースの娘アルケースティスを愛していたが、ペリアースは戦車に獅子と猪を繋ぐことのできた者に娘を与えると約束していた。アポローンはアドメートスのために戦車に獅子と猪を繋ぎ、アドメートスはこの戦車を駆って競技場を一周して、アルケースティスを妻とすることに成功した。アルケースティスとの結婚式のとき、なぜかアドメートスはアルテミスに生け贄を捧げることを忘れた。このため、閨房の扉を開くと、部屋にはとぐろを巻いた蛇が満ちていた。アポローンはアドメートスに、女神を宥めるようにいった。

さらにアポローンは、モイライに乞うて、アドメートスの死期がきたときに彼の父母か妻のうち、彼のために喜んで死のうとする者があった場合には、その死期を延ばせるように計らった。このとき、アポローンはモイライを酔わせてこのような取り決めを勝ち得たともいう。

アドメートスが死ぬ日が来たとき、父も母も彼のために死のうとはしなかったが、アルケースティスが身代わりになって死んだ。このとき、ペルセポネーはアルケースティスを冥府から地上に送り返してやった。別の説では、ヘーラクレースハーデースと闘ってアルケースティスを連れ戻したともいう。

アドメートスとアルケースティスの子エウメーロスは、スパルタヘレネーの求婚者の一人となり、後のトロイア戦争には11隻の軍船を仕立て、ペライの兵を率いて参戦した。

系図[編集]


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘレーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイオロス
 
エナレテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルキュオネー
 
カナケー
 
カリュケー
 
サルモーネウス
 
 
クレーテウス
 
シーシュポス
 
アタマース
 
デーイオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テューロー
 
 
アイソーン
 
アミュターオーン
 
プリクソス
 
ヘレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペレース
 
 
 
 
 
ペリアース
 
ネーレウス
 
イアーソーン
 
 
ビアース
 
メラムプース
 
 
アンティパテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アドメートス
 
アルケースティス
 
アカストス
 
ネストール
 
ペーロー
 
 
タラオス
 
アバース
 
オイクレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウメーロス
 
 
 
 
 
ラーオダメイア
 
ペイシストラトス
 
 
 
 
 
アドラーストス
 
エリピューレー
 
アムピアラーオス
 
 
 



脚注[編集]

  1. ^ ケレーニイによれば、アポローンが人間に仕えたのは、彼が生まれた直後に雌の龍デルピュネーを殺した償いのためだったともいう。

参考図書[編集]