アローアダイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アローアダイ古希: Ἀλωάδαι, Alōadai)、あるいはアローエイダイ古希: Ἀλωεῖδαι, Alōeidai)は、ギリシア神話双子の人物、あるいは巨人である。長母音を省略してアロアダイアロエイダイとも表記される。

アローエイダイはアローエウスの妻イーピメディアとポセイドーンとの間に生まれた双子オートスとエピアルテースのことで[1]、アローエウスとイーピメディアの子とも言われ[2]、アローエウスにちなんでアローアダイと呼ばれる。アローアダイは恐るべき怪力の持主だったが、幼くしてオリュンポスの神々に戦いを挑み、滅ぼされた。

神話[編集]

誕生と成長[編集]

トリオプスの娘イーピメディアはポセイドーンに恋をして、毎日のように海に通い海水をすくって身に注いだ。そこでポセイドーンはイーピメディアと交わり、オートス、エピアルテースが生まれた[3]。生まれた双子達は驚くべき速さで成長し、9歳の頃には肩幅4.2メートル、身の丈16メートルにまで成長し、その姿はオーリーオーン以外では人間のうちで最も巨大かつ美しかったという[4]

神々に戦いを挑む[編集]

9歳になった彼らは傲慢にも神々に戦いを挑み、天に通じる道を作ろうとしてオリュンポス山の上にオッサ山を、さらにその上にペーリオン山を乗せたが、アローアダイは彼らが成人する前にアポローンによって討ち取られた。しかし彼らがもし成人になっていたら神々にさえ勝利しただろうといわれる[5]。また彼らはアレースを捕らえて13ヶ月ものあいだ青銅の甕の中に閉じ込めたとされる。アレースは甕の中で息絶える寸前に、アローアダイの継母であるエーエリボイアがヘルメースに知らせたので助け出された[6]

アポロドーロスによると、アローアダイは他にも海を陸地に変え、陸地を海に変えようとし、さらにエピアルテースはヘーラーを、オートスはアルテミスを力ずくで奪おうとした。そこでアルテミスはナクソス島シカに変じ、エピアルテースとオートスの間を飛び跳ねた。すると彼らは狩りに熱狂し、シカを捕らえようとして槍を投げ合い、互いを刺し殺してしまった[7]

ヒュギーヌスによれば、アローアダイはオッサ山をペリオーン山に乗せ、また山々を作った。さらにアルテミスを捕らえ、アルテミスは2人の怪力から逃げられなかったため、アポローンは2人の間にシカを放った。するとアローアダイはシカを殺そうとして槍を投げ合い、互いを殺してしまった。2人は冥界で罰を受け、ヘビで1本の柱に背中合わせで縛られており、柱には1羽のフクロウが止まっているという[8]

ボイオーティアの伝承では、アローアダイはヘリコーン山ムーサイの祭祀を創始したとされる。またポセイドーンとアスクレーの子オイオクロスとともにヘリコーン山麓にアスクレーを創建し[9]、アンテドーンには彼らの墓があった[10]

なお、プラトーンは『饗宴』において神々に反抗した両性具有の人種について述べているが、その中でアローアダイの神話は彼らのことを物語ったものであると述べている[11]

脚注[編集]

  1. ^ 『オデュッセイア』11巻。アポロドーロス、1巻7・4。
  2. ^ 『イーリアス』5巻。パウサニアス、9巻22・6。
  3. ^ アポロドーロス、1巻7・4。
  4. ^ 『オデュッセイア』11巻。他、アポロドーロス、1巻7・4。ヒュギーヌス、28。
  5. ^ 『オデュッセイア』11巻。
  6. ^ 『イーリアス』5巻。
  7. ^ アポロドーロス、1巻7・4。
  8. ^ ヒュギーヌス、28。フクロウの部分の原文は Styx 。ロバート・グレーヴスは冥府の河ステュクスと解している。
  9. ^ パウサニアス、9巻29・1~29・2。
  10. ^ パウサニアス、9巻22・6。
  11. ^ プラトーン『饗宴』14。

参考文献[編集]