サルモーネウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サルモーネウス古希: Σαλμωνεύς, Salmōneus)は、ギリシア神話の登場人物である。長母音を省略してサルモネウスとも表記される。

アイオロスエナレテーの子で、クレーテウスシーシュポスアタマースペリエーレースらと兄弟。妻アルキディケーとの間に、1女テューローがいる。後にシデーローを後妻に迎えた。

サルモーネウスはもともとテッサリアーに住んでいて、後にエーリスにサルモーネーという町を建設して移住した。しかしサルモーネウスは自らゼウスと称し、ゼウスに捧げる供物を自分に捧げるよう命じた。さらに戦車で青銅を引いて走って、その音を雷鳴だといった。また火のついた松明を天に投じてだといい、人々の中に投じた。こうした涜神行為のためゼウスはサルモーネウスを雷撃で撃ち、さらに町と住人を滅ぼした。

またサルモーネウスはシーシュポスと仲が悪かったという話もある[1]

神話学者アレグザンダー・クラップや、詩人ロバート・グレーヴスはサルモーネウスの真似事は雨乞い呪術であったと解釈している。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘレーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイオロス
 
エナレテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルキュオネー
 
カナケー
 
カリュケー
 
サルモーネウス
 
 
クレーテウス
 
シーシュポス
 
アタマース
 
デーイオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テューロー
 
 
アイソーン
 
アミュターオーン
 
プリクソス
 
ヘレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペレース
 
 
 
 
 
ペリアース
 
ネーレウス
 
イアーソーン
 
 
ビアース
 
メラムプース
 
 
アンティパテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アドメートス
 
アルケースティス
 
アカストス
 
ネストール
 
ペーロー
 
 
タラオス
 
アバース
 
オイクレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウメーロス
 
 
 
 
 
ラーオダメイア
 
ペイシストラトス
 
 
 
 
 
アドラーストス
 
エリピューレー
 
アムピアラーオス
 
 
 


脚注[編集]

参考文献[編集]