ヴァンヴィテッリの水道橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 カゼルタの18世紀の王宮と公園、ヴァンヴィテッリの水道橋とサン・レウチョの邸宅群
イタリア
ヴァンヴィテッリの水道橋
ヴァンヴィテッリの水道橋
英名 18th-Century Royal Palace at Caserta with the Park, the Aqueduct of Vanvitelli, and the San Leucio resort
仏名 Palais royal du XVIIIe siècle de Caserte avec le parc, l’aqueduc de Vanvitelli et l’ensemble de San Leucio
登録区分 文化遺産
登録基準 (1),(2),(3),(4)
登録年 1997年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

ヴァンヴィテッリの水道橋イタリア語: Acquedotto di Vanvitelli)は、イタリア共和国カンパニア州カゼルタ郊外のマッダローニにある、18世紀水道橋カゼルタ宮殿サン・レウチョの邸宅群に水を供給するために建設された。カロリーノの水道橋Acquedotto Carolino、「王の水道橋」の意)とも呼ばれる。

カゼルタ宮殿、サン・レウチョの邸宅群ともに、1997年UNESCO世界遺産に登録された。

概要[編集]

ナポリ王カルロ7世(後のスペインカルロス3世)の命令により、建築家ルイージ・ヴァンヴィテッリの設計によって建設された。この水道橋が2つの名前を持っているのも、この両者の名前に由来する。

1753年3月に建設が開始され、1762年5月7日に完成した。

水道システムの全長は38キロメートルあるが、その大部分は地下に建設されている。ヴァッレ・ディ・マッダローニに位置する529メートルの長さの水道橋が、良好な状態で保存されていて、この区間が世界遺産に登録されている。

この水道橋は、ローマ建築を模範に建設され、3層、最も高いところでは、55.8メートルの高さがある。

世界遺産登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯41度03分33秒 東経14度24分06秒 / 北緯41.05917度 東経14.40167度 / 41.05917; 14.40167