エンデーイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エンデーイスは、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してエンデイスとも表記される。

スケイローンカリクローサラミース島の王キュクレウスの娘)の娘で[1]グラウケーと姉妹[2]アイギーナ島の王アイアコスと結婚し、2人の息子テラモーンペーレウスの母になった[1][3]。ただしテラモーンはグラウケーとアクタイオスの子とする説がある[4]

エンデーイスは夫アイアコスがネーレーイデスの1人プサマテーとの間に出来た腹違いの息子ポーコスを憎み、その死を願った[要出典]パウサニアスが伝える物語によると、テラモーンとペーレウスは母を喜ばせようとして殺害を計画したという。2人はポーコスとともに5種競技を行い、円盤投げ競技の際にペーレウスが円盤を投げつけて殺した[5]

アポロドーロスでは2人はポーコスに嫉妬して殺害を計画したとし、円盤を投げて殺害したのはテラモーンであるとしている。いずれにしてもポーコスの殺害が明らかになると、2人はアイギーナ島から追放され、テラモーンはサラミース島に[6]、ペーレウスはプティーアに亡命した[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b プルタルコス「テーセウス伝」10。
  2. ^ シケリアのディオドロス、4巻72・7。
  3. ^ アポロドーロス、3巻12・6。
  4. ^ レーロスのペレキューデース断片(アポロドーロスによる引用、3巻12・6)。
  5. ^ パウサニアス、2巻29・9~29・10。
  6. ^ アポロドーロス、3巻12・7。
  7. ^ アポロドーロス、3巻13・1。

参考文献[編集]