レーオーデース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レーオーデースレオデスLeodes)は、ギリシア神話の人物である。オイノプスの子で、ペーネロペーの求婚者の1人。求婚者たちが家畜を神にささげるさいの兆しを占った。

レーオーデースは温厚な人物で、他の求婚者たちの乱暴を嫌っていたが非力で、乱暴を止めることができなかった。弓競技のときにはテーレマコスに続いて競技に挑戦したが、弓を引くことはできなかった。オデュッセウスが求婚者たちを誅殺したとき、レーオーデースはオデュッセウスにすがりついて弁明したが、オデュッセウスはアゲラーオスの剣を拾ってレーオーデースを殺した[1]

脚注[編集]

  1. ^ 『オデュッセイア』21巻、22巻。

参考文献[編集]