アイギストス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オレステースによって暗殺されるアイギストス。ルーヴル美術館所蔵

アイギストス古希: Αἴγισθος, Aigisthos, ラテン語: Aegisthus)は、ギリシア神話の人物である。「山羊の力」の意。

テュエステースペロピアーの息子、ペロピアーはテュエステースの娘であり[1]、つまりペロピアーとアイギストスは姉と弟の関係でもある。

神話[編集]

テュエステースの兄アトレウスに育てられ、テュエステースを殺害する任務を託されるが、自分の出生の秘密を知り、父殺しの罪を犯すことを免れ、ミュケーナイに帰ってアトレウスを殺し、王国をテュエステースのものとした。 従兄弟のアガメムノーンの妻クリュタイムネストラの情夫となり、アガメムノーンを暗殺したために、アガメムノーンの子オレステースに殺された。

系図[編集]


 
 
ミーノース
 
 
 
 
 
タンタロス
 
オイノマオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カトレウス
 
 
 
 
 
ペロプス
 
ヒッポダメイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アーエロペー
 
アトレウス
 
 
 
 
 
クリューシッポス
 
ピッテウス
 
テュエステース
 
ニーキッペー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アガメムノーン
 
クリュタイムネーストラー
 
メネラーオス
 
ヘレネー
 
アイトラー
 
アイギストス
 
エウリュステウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オレステース
 
イーピゲネイア
 
エーレクトラー
 
ヘルミオネー
 
テーセウス
 
パイドラー
 


脚注[編集]

  1. ^ ヒュギーヌス87、88、246。アポロドーロス、摘要(E)2・14も参照。

参考書籍[編集]