クリューシッポス (ギリシア神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クリューシッポス古希: Χρύσιππος, Chrȳsippos, 英語: Chrysippus)は、ギリシア神話に登場するペロポネーソス半島エーリスの少年である。長母音を省略してクリュシッポスとも表記される。ペロプス非嫡出子で、母親はニュンペー(ニンフ)のアクシオケー(Axioche)。クリューシッポスはテーバイラーイオス(ライオス)に誘拐された[1]。ラーイオスはクリューシッポスの家庭教師で、クリューシッポスが参加する予定だったネメアー競技祭(ネメアー大祭、en:Nemean Games)に付き添って行った。しかしラーイオスはクリューシッポスをテーバイに連れて行き、強姦した。その罪で、ラーイオスとその一族(息子オイディプースなど)およびテーバイは、神々に罰せられることになった。クリューシッポスの死については諸説あり、ある人はペイサンドロスの説として、クリューシッポスは恥じて自分の剣で自らの命を絶ったと言う[2]。一方、レスボスヘッラニコストゥキディデスは、嫉妬した異母兄弟のアトレウステュエステースに井戸の中に投げ込まれて殺されたと言う。アトレウスたちを遣わしたのはその母親ヒッポダメイアで、ペロプスの王座を息子たちでなくクリューシッポスが相続するのを恐れたのがその理由である。アトレウスとテュエステースは母親ともども、ペロプスにより追放され、ミュケーナイに逃れた。そこでヒッポダメイアは首を吊って自殺した。クリューシッポスの死は、ミュルティロスがペロプスにかけた呪いが原因だと言われることも時にある。

系図[編集]


 
 
 
 
エウローペー
 
ヘーリオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミーノース
 
パーシパエー
 
タンタロス
 
オイノマオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウリュアレー
 
カトレウス
 
 
 
 
 
ペロプス
 
ヒッポダメイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オーリーオーン
 
アーエロペー
 
アトレウス
 
 
 
 
 
クリューシッポス
 
ピッテウス
 
テュエステース
 
ニーキッペー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アガメムノーン
 
クリュタイムネーストラー
 
メネラーオス
 
ヘレネー
 
アイトラー
 
アイギストス
 
エウリュステウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オレステース
 
イーピゲネイア
 
エーレクトラー
 
ヘルミオネー
 
テーセウス
 
パイドラー
 



脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロスビブリオテーケー(ギリシア神話)』3.5.5
  2. ^ Gantz, p. 489.

参考文献[編集]

  • Gantz, Timothy. Early Greek Myth. Baltimore: Johns Hopkins University Press, 1993.