ラーエルテース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラーエルテース古希: Λαέρτης, Laērtēs)は、ギリシア神話の人物である。長母音を略してラエルテスとも表記する。 アルケイシオスの息子。アルケイシオスはケパロスプロクリスの子で、ラーエルテースは父を継いでケパレーニア人の領主となった。アウトリュコスとアムピテアーの娘アンティクレイアを妻とし、子にオデュッセウスとクティメネーの兄妹がある。オデュッセウスの父はシーシュポスだともいわれる。イアーソーン率いるアルゴナウタイに参加した。

『オデュッセイア』でのラーエルテース[編集]

ホメーロス叙事詩オデュッセイア』では、ラーエルテースは一貫してオデュッセウスの父として語られる。この物語でラーエルテースはイタカ島で存命であり、隠退して農事にいそしんでいる。第19書では、オデュッセウスの妻ペーネロペーが求婚者たちに迫られて、ラーエルテースの葬儀のときのための衣を織り上げるまで返事を待つように告げ、その実、日中織った分を夜にはほどいて3年間回答を引き延ばしたことが語られる。最終の第24書では、20年ぶりに帰還を果たしたオデュッセウスがラーエルテースの館を訪れ、二人は再会を喜び合う。

系図[編集]

ケパロス
 
プロクリス
 
ペルセウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルケイシオス
 
オイバロス
 
ゴルゴポネー
 
ペリエーレース
 
 
 
 
 
デーモニーケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンティクレイア
 
ラーエルテース
 
イーカリオス
 
アパレウス
 
レウキッポス
 
エウエーノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クティメネー
 
オデュッセウス
 
ペーネロペー
 
リュンケウス
 
イーダース
 
マルペーッサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テーレマコス
 
 
 
 
 
 
 
メレアグロス
 
クレオパトラー
 
 
 


参考図書[編集]