ペーミオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ペーミオス古希: Φήμιος, Phēmios)は、ギリシア神話の人物で、イタケーの楽人である。長母音を省略してペミオスとも表記される。オデュッセウスが帰国しない間、ペーネロペーの求婚者たちはペーミオスを無理やりオデュッセウスの館に連れて行き、詩を歌わせた。

オデュッセイア』1巻では、ペーミオスがトローイアからギリシア軍が帰国する物語を歌ったためにペーネロペーは涙を流した。オデュッセウスが求婚者たちを誅殺したときには、ペーミオスはゼウス祭壇に逃げるか、オデュッセウスに命乞いをするか迷ったすえに、竪琴を床に置いてオデュッセウスにすがりつき、求婚者たちに無理やり連れて来られたと言って弁解し、命乞いをした。そこでテーレマコスメドーンとともにペーミオスを弁護し、ともに許された[1]

脚注[編集]

  1. ^ 『オデュッセイア』1巻、22巻、ほか24巻。

参考文献[編集]