ネオプトレモス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プリアモスを殺めるネオプトレモス。ルーヴル美術館所蔵

ネオプトレモス古希: Νεοπτόλεμος, Neoptolemosラテン語: Neoptolemus)は、ギリシア神話の人物である。ホメーロスの『イーリアス』の主人公であるアキレウススキューロス島の王リュコメーデースの娘デーイダメイア英語版の息子。

トロイア戦争においてアキレウスの死後、神託によってギリシア軍に招かれ、半ば戦場のシンボルとして参戦した。トロイアが陥落すると、プリアモス王を殺害し、ヘクトールと妃アンドロマケーの遺児、アステュアナクスを城壁の外に投げ捨て、アンドロマケーを戦利品(実際は妻、妾のような立場)として手に入れた。その後、ヘレネーメネラーオスの娘ヘルミオネーを妻として迎えたが、ヘルミオネーがアガメムノーンの息子オレステースの幼少時代の恋人だったことから、オレステースの恨みを買い決闘を申し込まれる。決闘の場でネオプトレモスはオレステースの刃に倒れ、ヘルミオネーはオレステースに奪われ彼の妻となった。

オーケアノス
 
テーテュース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アーソーポス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイギーナ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイアコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メノイティオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペーレウス
 
テラモーン
 
ヘーシオネー
 
パトロクロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アキレウス
 
大アイアース
 
テウクロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ネオプトレモス