アイギーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
17世紀、オランダの画家フェルディナント・ボル作、『ゼウスの到着を待つアイギナ』。マイニンゲン博物館de)所蔵。
アイギーナ島。アイギーナはゼウスによってこの島に連れ去られた。

アイギーナ古希: Αἴγινα, Aigīna, ラテン語: Aegina)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してアイギナとも表記する。アイギーナ島の名の由来とされる。

アイギーナは河神アーソーポスメトーペーの娘の1人で、ピンダロスによればテーベーと双子の姉妹、アーソーポスの末の娘である[1]ゼウスとの間にアイアコス[2]アクトールとの間にメノイティオスを生んだ[3]

神話[編集]

神話によればアイギーナはゼウスにさらわれ、オイノーネー島に連れ去られた。父アーソーポスはアイギーナを探してコリントスを訪れ、シーシュポスからアイギーナの居場所を聞き出して後を追いかけた。しかしゼウスは雷を投げつけてアーソーポスを追い払った。アイギーナはオイノーネー島でゼウスに愛され、アイアコスを生んだ。そこでオイノーネー島はアイギーナ島と呼ばれるようになった[4]オウィディウスによればアイアコスが母の名にちなんでアイギーナ島と呼んだという[5]

アイギーナ島は無人の島だったが、ゼウスはアイアコスのためにアリを人間に変えたて住まわせた。これがミュルミドーン人だとされる[6]。別の説によると、嫉妬したヘーラーがアイギーナ島に疫病をもたらした[7]、あるいはヘーラーが水中に放った毒蛇の毒が流れたために島の住人が滅びかけた。このためアイアコスはゼウスに祈り、ゼウスはアリを人間に変えたという[8]

アイギーナの子供のうちアイアコスは敬虔な人物として知られ、死後、冥界の裁判官になった。一方のメノイティオスはアルゴナウタイに参加し、パトロクロスの父となった[9]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
オーケアノス
 
テーテュース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アーソーポス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゼウス
 
 
アイギーナ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アクトール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エンデーイス
 
 
アイアコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プサマテー
 
メノイティオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペーレウス
 
テティス
 
ペリボイア
 
テラモーン
 
ヘーシオネー
 
ポーコス
 
パトロクロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アキレウス
 
デーイダメイア
 
 
 
大アイアース
 
テウクロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ネオプトレモス
 
 
 
 
 
エウリュサケース
 
 
 
 
 
 
 
 
 


脚注[編集]

  1. ^ ピンダロス『イストミア祝勝歌』第8歌16a~18。
  2. ^ アポロドーロス、3巻12・6。パウサニアス、2巻29・2。ヒュギーヌス、52など。
  3. ^ ピンダロス『オリュンピア祝勝歌』第9歌70。
  4. ^ アポロドーロス、3巻12・6。パウサニアス、2巻29・2。
  5. ^ オウィディウス『変身物語』7巻。
  6. ^ アポロドーロス、3巻12・6。パウサニアス、2巻29・2。
  7. ^ オウィディウス『変身物語』7巻。
  8. ^ ヒュギーヌス、52。
  9. ^ アポロドーロス、3巻12・6、13・8。

参考文献[編集]