サラミース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かつてサラミースがポセイドーンに愛されたと言われるサラミース島

サラミース古希: Σαλαμίς, Salamīs)は、ギリシア神話に登場する女神あるいは女性である。河神アーソーポスメトーペーの娘で[1][2]キュクレウスの母。サラミース島の名の由来とされる。長母音を省略してサラミスとも表記される。

サラミースは彼女に恋したポセイドーンにさらわれ、アッティカ沖の島に連れていかれた。そしてその地でポセイドーンに愛され、1子キュクレウスを産んだといわれる。成人したキュクレウスは島の王となり、島民を苦しめた大蛇を退治した[3][4]。またキュクレウスは母の名を取って島の名をサラミース島と名付けた[5]

キュクレウスには男子が生まれなかったため、後に娘と結婚したテラモーンに王位を譲った[3]

テラモーンには2人の息子、大アイアーステウクロスがいた。しかし大アイアースはトロイア戦争で非業の死を遂げ、テウクロスは戦後、大アイアースの遺児エウリュサケースを連れて帰国したが、兄の死を止められなかったことをテラモーンに責められ、サラミース島から追放された[6]。その後、キュプロス島に流れ着き、サラミース市を起こしたという[7]

その後サラミース島はサラミスの海戦が行われたことで有名になり、ギリシア海軍の戦艦サラミスなど、多くの船の名前にもなった。

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、3巻12・6。
  2. ^ ディオドロス、4巻72・1。
  3. ^ a b アポロドーロス、3巻12・7。
  4. ^ ディオドロス、4巻72・4。
  5. ^ パウサニアス、1巻35・7。
  6. ^ クレータのディクテュス、6巻2。
  7. ^ ストラボン、14巻6・3。他、クレータのディクテュス、6巻4。

参考文献[編集]