リュコメーデース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リュコメーデース古希: ΛυκομήδηςLukomēdēs; Lukomếdês)は、ギリシア神話の人物である。トロイア戦争当時のドロプス人の王で、スキューロス島に王宮を構えていた。彼は、少年時代のアキレウスを女装させて彼の王宮に匿ったことと、彼に庇護を求めた晩年のテーセウスを害したことで知られる[1]

長母音を略してリュコメデスとも呼ばれる。

概説[編集]

アキレウスを匿う[編集]

リュコメーデースの宮廷のアキレウスルーヴル美術館所蔵

トロイア戦争の英雄アキレウスは、ペーレウスと海の女神テティスの子であるが、テティスはアキレウスがトロイア戦争に参加すれば、必ず若くして戦死する運命にあることを知っていた。アキレウスを死なせないため、テティスはスキューロス島の王であるリュコメーデースに頼み、アキレウスを匿い、ギリシア軍が彼を見いだせないように秘匿することを依頼する[1] [2] [3] [4]

リュコメーデースは預かった9歳のアキレウスに少女の衣服を着せ、王宮の後宮にあって彼を娘の王女たちのあいだに隠した。アキレウスはリュコメーデースの王女たちと共に少女として育ち、王宮ではピュラーと云う女性名で呼ばれた。また彼は、イッサ(Issa)、あるいはケルキュセラー(Kerkysera)云う名で呼ばれたともされる[1] [5]

しかしトロイア戦争においてギリシア軍は苦戦し、アキレウスの参戦が望まれた。オデュッセウスは、彼がリュコメーデースの王宮に乙女に扮して隠れていることをつきとめ、策を講じてアキレウスの正体を顕した。アキレウスは王女デーイダメイアと男女の関係になっており、一子ピュロスをもうけていたが、トロイア戦争に参戦した[2]。ピュロスは後にネオプトレモスと呼ばれるようになる[3] [4]

晩年のテーセウスを迎える[編集]

アテーナイテーセウスは晩年に至ってなお、10歳のヘレネーを略奪したり、冥府におりて囚われるなど冒険を続けた。冥府からはヘーラクレースによって助けられ、再び地上に帰還できたが、不在のあいだにヘレネーの兄弟ディオスクーロイが妹を奪還せんとアテーナイに侵攻し、メネステウスを王位につけた[6]

テーセウスは、メネステウス一派による、あるいは以前に殺害したパラースの息子たち一派による叛乱のため、アテーナイより遁れ、親族のリュコメーデースに庇護を求めた。リュコメーデースはこれを受け入れるが、テーセウスが自国の民や臣下の人気を獲得し、彼の王座を奪うことを畏れてテーセウスを害した。テーセウスに友誼を示しつつ、彼を誘って崖の頂きまで行き、そこよりテーセウスを突き落として殺したとされる[1] [3] [6]アポロドーロスは、崖とは述べず、深い穴に突き落として殺害したと記している[7]。また別の説では、テーセウスは殺されたのではなく、食後の散歩の途中、誤って崖から落ちて死んだともされる[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Grimal, p.263。
  2. ^ a b アポロドーロス、巻三-8-8。
  3. ^ a b c 『ギリシア・ローマ神話辞典』、p.303。
  4. ^ a b 呉茂一『ギリシア神話』、p.256。
  5. ^ 『ギリシア・ローマ神話辞典』、p.52。
  6. ^ a b 『ギリシア・ローマ神話辞典』、p.162。
  7. ^ アポロドーロス、摘要-1-24。
  8. ^ 呉茂一『ギリシア神話』、p.303。

参考文献[編集]