リューシディケー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リューシディケー古希: Λυσιδίκη, Lȳsidikē)は、ギリシア神話の女性。長母音を省略してリュシディケとも表記される。


リューシディケーは、(Λυσιδίκη, Lȳsidikē)は、ギリシア神話の女性である。エーリスの王ペロプスとヒッポダメイアの娘で[2]ピッテウスアトレウステュエステース[3]アステュダメイアニーキッペーと兄弟。

ミュケーナイの王ペルセウスの子メーストールの妻となり、ヒッポトエーを生んだ。ヒッポトエーはポセイドーンとの間にタピオスを生んだ。タピオスはタポスの創建者[2]

一説によれば、リューシディケーはアルカイオスの妻で、アムピトリュオーンの母とされる[4]。またアルクメーネーの母という説もある[5]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、2巻7・8。
  2. ^ a b アポロドーロス、2巻4・5。
  3. ^ アポロドーロス、摘要(E)2・10。
  4. ^ パウサニアス、8巻14・2。
  5. ^ プルタルコス「テーセウス伝」7。

参考文献[編集]