ジャン・ラシーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン・ラシーヌ

ジャン・バティスト・ラシーヌJean Baptiste Racine,1639年12月21日誕生、12月22日受洗 - 1699年4月21日没)は、17世紀フランス劇作家で、フランス古典主義を代表する悲劇作家である。

シャンパーニュ地方出身。幼少時に両親を亡くし、ジャンセニスムの影響下にある修道院の付属学校で、厳格なカトリック教育を受ける。ラシーヌはこの学校で古典文学に対する教養と、ジャンセニスムの世界観を身につけた。このことは後のラシーヌの作品に深い影響を及ぼした。

その悲劇作品のほとんどは、三一致の法則を厳格に守り、主にギリシア神話古代ローマの史実に題材をとる。『旧約聖書』に題材をとるものを、ラシーヌは悲劇とせず史劇と呼んだ。

ラシーヌは均整の取れた人物描写と劇的な筋の構成を、アレクサンドラン詩行と呼ばれるイアンボス6詩脚の丹精で華麗な韻文に綴った。後期の『聖書』を題材とする作品を除けば、ラシーヌの劇は、二人の若い恋人を中心とするものが多い。二人は愛し合っているが、女性が王など高位の男性に望まれる、あるいは二人が敵対しあう家系にいるなどして、恋愛は成就しない。この葛藤がラシーヌの悲劇の中心となる。これに第三者の嫉妬、政治闘争などが加わり筋が複雑になり、最終的に二人の恋は成就せず、主人公の死をもって幕が下りる。

またラシーヌは自身の作品を印刷に付し刊行する際、必ず書き下ろしの序文をつける習慣があった。このためラシーヌの作品は、たんに悲劇としての価値のみならず、演劇論としての価値をももつ。ラシーヌの詩論のなかではオスマン帝国の皇位継承争いを題材にする『バジャゼ』につけた序文での「悲劇の題材は観客から適切な隔たりをもつものでなければならない。この隔たりは神話や古い歴史のような時間的な隔たりだけでなく、時間的にはあまり遠くないがわれわれの風俗になじみのない距離的な隔たりであってもよい」とするものなどが知られる。

ラシーヌの代表作として今日もなお上演されるものには『アンドロマック』、『ベレニス』、『フェードル』などがある。

なお、彼の肖像はかつて、フランスの50フラン紙幣に描かれていた。

作品[編集]

括弧内は順に原題、形式、初演年を示す。

  • ラ・テバイード 又は 兄弟は敵同士(La Thébaïde ou les frères ennemis, 5幕悲劇、1664年
  • アレクサンドル大王(Alexandre le Grand, 5幕悲劇、1665年
  • アンドロマック(Andromaque, 5幕悲劇、1667年
  • 訴訟狂(Les Plaideurs, 3幕喜劇、1668年
  • ブリタニキュス(Britannicus, 5幕悲劇、1669年
  • ベレニス(Bérénice, 5幕悲劇、1670年
  • バジャゼ(Bajazet, 5幕悲劇、1672年
  • ミトリダート(Mithridate, 5幕悲劇、1673年
  • イフィジェニー(Iphigénie, 5幕悲劇、1674年
  • フェードルPhèdre, 5幕悲劇、1677年
  • エステル(Esther, 3幕史劇、1689年
  • アタリーAthalie, 4幕史劇、1691年

主な日本語訳[編集]

  • 『ブリタニキュス、ベレニス』(渡辺守章訳、岩波文庫、1993年)
  • 『フェードル、アンドロマック』(渡辺守章訳、岩波文庫、2008年)
  • 『ラシーヌ戯曲全集2 ブリタニキュス、ベレニス、バジャゼ、ミトリダート』(渡辺守章訳、白水社、1979年 本巻のみ刊行)
  • 『ラシーヌ戯曲全集』(人文書院全2巻、伊吹武彦佐藤朔編、初版1964年-1965年、新版1976年)
    • 第1巻:ラ・テバイード(鬼頭哲人訳)、アレクサンドル大王(福井芳男訳)、アンドロマック(渡辺守章訳)、裁判きちがい(川俣晃自訳)、ブリタニキュス(安堂信也訳)、ベレニス(伊吹武彦訳)
    • 第2巻:バジャゼ(鬼頭哲人訳)、ミトリダート(田中敬次郎訳)、イフィジェニー(川口篤訳)、フェードル(伊吹武彦訳)、エステル(戸張智雄訳)、アタリー(佐藤朔訳)、ラシーヌ年譜(戸張智雄)
  • 世界古典文学全集48 ラシーヌ』(筑摩書房、初版1965年、復刊2005年)
    ラ・テバイッド(渡辺清子訳)、アレクサンドル大王(大島利治訳)、アンドロマック(安堂信也訳)
    裁判きちがい(鈴木力衛鈴木康司訳)、ブリタニキュス(渡辺守章訳)、ベレニス(戸張智雄・戸張規子訳)
    バジャゼ(安堂信也訳)、ミトリダート(渡辺守章訳)、イフィジェニー(戸張智雄・規子訳)
    フェードル(二宮フサ訳)、エステル(福井芳男訳)、アタリー(渡辺義愛訳)、解説(渡辺守章)

日本語文献[編集]

  • ラシーヌとシェイクスピア(スタンダール佐藤正彰訳、青木書店、1939年)
  • ラシーヌとギリシア悲劇(戸張智雄、東京大学出版会、1967年)
  • ラシーヌ研究(田中敬次郎、社会思想社、1972年)
  • ラシーヌと古典悲劇(アラン・ニデール/今野一雄訳、白水社、1982年9月 文庫クセジュ)
  • ラシーヌの悲劇(金光仁三郎、中央大学出版部、 1988年11月)
  • ラシーヌ、二つの顔(山中知子、人文書院、2005年2月)
  • ラシーヌ論(ロラン・バルト/渡辺守章訳、みすず書房、2006年10月)


前任:
フランソワ・ド・ラ・モート=ル=ヴェイエ
アカデミー・フランセーズ
席次13

第3代:1672年 - 1699年
後任:
ジャン=バチスト=アンリ・ド・ヴァランコール

関連項目[編集]