ポルピュリオーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポルピュリオーン古希: Πορφυρίων, Polphyriōn)は、ギリシア神話巨人、あるいは人物。長母音を省略してポルピュリオンとも表記される。


ポルピュリオーン古希: Πορφυρίων, Polphyriōn)は、ギリシア神話の巨人族、ギガースの1人である。ポルピュリオーンはアルキュオネウスと並んで特に強大な力を持っていた[3]

ギガントマキアーのさいには、ポルピュリオーンはオリュンポスの神々を苦しめたので[4]ゼウスは奸計を用いた。すなわちポルピュリオーンがヘーラーヘーラクレースと戦ったときに、ゼウスはポルピュリオーンの心をヘーラーへの欲情で満たした。このためポルピュリオーンはヘーラーに夢中になり、襲いかかってヘーラーの衣服を裂いた。ヘーラーは叫んで助けを呼んだが、このすきにゼウスはポルピュリオーンに雷を投げつけ、ヘーラクレースは矢を射て討ち果たした。[5]

なお、ポルピュリオーンはアプロディーテーに討たれたとも[6]アポローンに討たれたともいわれる[7]

脚注[編集]

  1. ^ パウサニアス、1巻14・7。
  2. ^ 高津『辞典』、p.131b。
  3. ^ アポロドーロス、1巻6・1。
  4. ^ アリストパネース『鳥』1252。
  5. ^ アポロドーロス、1巻6・2。
  6. ^ ジョルジュ・ドゥヴルー『女性と神話』新評論、p.59。
  7. ^ 高津『辞典』、p.268b。

参考文献[編集]