ラ・ゴメラ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラ・ゴメラ島
SanSebastian.jpg
中心の町サン・セバスティアン・デ・ラ・ゴメラ
座標 北緯28度06分 西経17度08分 / 北緯28.100度 西経17.133度 / 28.100; -17.133
面積 369.76 km²
最高標高 最高点1,484 m
所在海域 大西洋
所属国・地域 スペインの旗 スペイン
テンプレートを表示
ラ・ゴメラ島の位置
Map of La Gomera.jpg
衛星写真

ラ・ゴメラ島La Gomera)はスペインカナリア諸島の島である。ゴメラとは、アラビア語で『小さな松明』を意味する。島の人口は21,952人(2006年)。火山性の円形の島である。最高地点は、ガラホナイの1,484m。

ローマ時代から島の存在は知られており、先住民族のグアンチェ族が住んでいた。16世紀からスペイン人が入植し、グアンチェ族は絶滅した。1492年、大西洋を横断する際にクリストファー・コロンブスがラ・ゴメラ島を最後の寄港港にした。

山火事[編集]

2012年8月11日に山火事が発生、住民約600人が避難する事態となった。2,600ha以上の森林が消失し、ガラホナイ国立公園の一部にも被害が及んだ[1]

出典[編集]

  1. ^ 世界遺産に山火事被害-スペイン領カナリア諸島時事通信(2012.8.14)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]