シルボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シルボまたはシルボ・ゴメーロスペイン語: el silbo gomero)とは、スペインカナリア諸島ラ・ゴメラ島で話される口笛言語である[1]

概要[編集]

口笛の音をスペイン語の各音に対応させることで、口笛だけでコミュニケーションを取るという形態をとっている。この特性から、手話等と違って無意味な音を伝達することも可能である。

カナリア諸島に住む先住民のグアンチェ族は遊牧民であり、彼らが谷を挟んで数キロメートル離れた場所にいる仲間とコミュニケーションを取るためにこの口笛言語を用いる。これは人間の声が数百メートルしか届かないのに対し、口笛は数キロメートル届くことを利用したものである。シルボは元来グアンチェ族の用いていたグアンチェ語(現在は死語)に基づいたものであったが、現在ではスペイン語が組み込まれる形で用いられている[1]

シルボを話せる従業員がいるレストランなどでは、客へのパフォーマンスとして会話をしてみせる。数人の客の荷物をごちゃ混ぜにした後、その場に居合わせていなかった従業員を呼び出してシルボで指示を出して荷物を元の客に戻す。

ユネスコ無形文化遺産にも登録されている[2]

1970年から1980年代頃にはこのシルボを受け継ぐ人が極めて少なくなっていたが[3]小学校で授業として教えるなどの努力の結果、現在では再び多くの島民によって解されるようになっている[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b Keith Brown, ed. Encyclopedia of language & linguistics. 13 (2nd ed.). Elsevier. p. 573. ISBN 0080443699. 
  2. ^ a b UNESCO Culture Sector - Intangible Heritage”. 2013年6月6日閲覧。
  3. ^ Silbo gomero: A whistling language revived”. BBC News Online (2013年1月11日). 2013年6月7日閲覧。