チョウゲンボウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チョウゲンボウ
Common kestrel falco tinnunculus.jpg
チョウゲンボウ Falco tinnunculus (オス)
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ハヤブサ目 Falconiformes
: ハヤブサ科 Falconidae
: ハヤブサ属 Falco
: チョウゲンボウ F. tinnunculus
学名
Falco tinnunculus Linnaeus1758
和名
チョウゲンポウ
英名
Common Kestrel
Falco tinnunculus

チョウゲンボウ長元坊学名Falco tinnunculus)は、鳥網ハヤブサ目ハヤブサ科に分類される1種である。小型のハヤブサ類。別名馬糞鷹(まぐそだか)。

語源は不明だが、吉田金彦は、蜻蛉の方言の一つである「ゲンザンボー」が由来ではないかと提唱している[1]。チョウゲンボウが滑空している姿は、下から見ると蜻蛉が飛んでいる姿を彷彿とさせることがあると言われ[2]、それゆえ、「鳥ゲンザンボー」と呼ばれるようになり、いつしかそれが「チョウゲンボウ」という呼称になったと考えられている。

分布[編集]

ユーラシア大陸アフリカ大陸に広く分布する。寒冷地で繁殖した個体は、冬季に南方へ渡り越冬する。

日本では、夏季に本州の北部から中部で繁殖する。北海道四国九州でも夏季に観察されたことがあり、繁殖している可能性もある。冬季は繁殖地に残る個体と暖地に移動する個体に分かれる。また、日本全国各地に冬鳥として渡来する。

形態[編集]

全長 30–35 cm。翼を広げると 70–80 cm になる。体重は雄が 150 g、雌が 190 g 程度である。雌の方が大型である。羽毛は赤褐色で黒斑がある。雄の頭と尾は青灰色。雌は褐色で翼の先が尖っている。

鳴き声[編集]

「キィキィキィキィ」と聞こえる声で鳴く[3]

生態[編集]

農耕地、原野、川原、干拓地、丘陵地帯、山林など低地、低山帯から高山帯までの広い範囲に生息する。単独かつがいで生活する。

齧歯類や小型の鳥類、昆虫ミミズカエルなどを捕食する。素早く羽ばたいて、体を斜めにしながらホバリングを行った後に急降下して地上で獲物を捕らえることが多いのが特徴。ハヤブサ類だが、飛翔速度は速くない。

その視力は紫外線を識別することが可能で、この能力は主食である齧歯類の尿が反射する紫外線を捕捉し、捕食を容易にさせていると推測されている。ハヤブサと異なり、捕らえた獲物は周囲が安全ならばその場で食べる。

日本では4–5月に断崖の横穴や岩棚、樹洞などに小枝を作って営巣するか直接卵を産む。カラス類の古巣を流用することもある。産卵数は1腹4–6個である。抱卵日数は27–29日で、主に雌が抱卵する。雛は27–32日で巣立つが、親から独立するにはさらに1ヶ月以上かかる。1年で成熟する。

人間との関わり[編集]

近年、市街地でもよく見かけるようになった。これは、獲物となる小鳥類が豊富なこと、天敵が少ないこと、ビルなどの構築物がねぐらや繁殖場である断崖の代わりになっていることなどが理由とされている。

長野県中野市の十三崖(じゅうさんがけ)では、チョウゲンボウが集団繁殖しており、国の天然記念物に指定されている。しかし、近年[いつ?]は繁殖するつがいの数が大幅に減少している。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 野鳥の名前・225頁
  2. ^ 野鳥の名前・225頁
  3. ^ 鳴き声と羽でわかる野鳥図鑑・94頁