ラ・パルマ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
衛星写真

ラ・パルマ島(La Palma)は北大西洋上の島。スペインカナリア諸島を構成する島のひとつ。諸島の西北端に位置する。面積は706平方キロメートル。行政上はサンタ・クルス・デ・テネリフェ県に属している。人口は約85,000、行政所在地はサンタ・クルス・デ・ラ・パルマ火山島である。

地理[編集]

位置

長さ47kmのくさび形をした島は2つの大きな火山によって構成されている。そのうち北側にある標高2426mの古い火山は、急な火口壁をもつTaburienteカルデラによって切り取られ、南西側に大崩壊した跡をもっている。南側にある標高1949mのCumbre Vieja火山はカナリア諸島でもっとも活発な火山の1つである。細長く南北に伸びた火山体は125,000年前ごろから活動を始めた。過去7,000年間の火山活動は、古い火口丘からCumbre Viejaの活動軸にそった割れ目噴火の形態をとり、溶岩流が海に急激に流れ落ちている。ラ・パルマにおいての歴史的な爆発は15世紀から記録され、穏やかな噴火と溶岩流が人口が多い地区に被害をおよぼした。島の南端は1677-1678年の噴火で生じた広い溶岩流地帯である。15851646171219491971年の火山活動でも溶岩流が海に達している。

天文台[編集]

1979年に作られたロケ・デ・ロス・ムチャーチョス天文台が有名。

外部リンク[編集]