ランサローテ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランサローテ
現地名: Lanzarote
愛称: lanza
ランサローテの旗
地理
場所 大西洋
座標 北緯29度02分06秒 西経13度37分59秒 / 北緯29.035度 西経13.633度 / 29.035; -13.633座標: 北緯29度02分06秒 西経13度37分59秒 / 北緯29.035度 西経13.633度 / 29.035; -13.633
所属群島 カナリア諸島
島数 7
面積 845.9 km2 (326.6 sq mi)
最高標高 671 m (2,201 ft)
最高峰 Peñas del Chache, Famara
カナリア諸島
ラス・パルマス県
最大都市 アレシフェ (人口 55,203人)
住民
人口 142,132人 (2012年現在)
人口密度 227,6 /km2 (5,895 /sq mi)
民族 スペイン人ほか
衛星写真

ランサローテ島/ˌlænzəˈrɒti/, スペイン語: Lanzarote, スペイン語発音: [lanθaˈɾote, lansa-])はイベリア半島から南西に1,000 km、アフリカ大陸の北西より大西洋沖125kmに位置するカナリア諸島を構成する島のひとつである。島の中心地はアレシフェ。カナリア諸島自治州のラス・パルマス県に属する。

ランサローテの名前は16世紀に島を訪れたジェノヴァ人ランツェロット・マロチェロに由来する。

地理[編集]

ランサローテ島は北緯29°2′56"、西経13°37′12"に位置している。南西11キロメートルにフエルテベントゥーラ島、また北東1キロメートルにグラシオーサ島がある。島の形は北東から南西に細長く、面積は845,94km²である。

18世紀の大規模な火山活動によって溶岩台地と300以上のクレーターが見られる典型的な火山島で、島の東部にあるティマンファヤ国立公園には約200km²にわたって大規模な火山地形が広がる。

19世紀、ヨーロッパのワイナリーがフィロキセラ禍で壊滅していく中、この島はフィロキセラの生息することが困難であったため、土着のブドウ種マルヴァシアが生き残り、現在は樹齢100年を超すブドウからワインが生産されている。

人口動態[編集]

2010年時点で、ランサローテには139,000人が住んでおり[1]、2006年の127,000人から9.4%増加した[2]。島の行政府は、59,000人の人口を抱える中心都市のアレシフェにある[1]。住民の大多数 (73.9%) はスペイン人で、イギリス人 (4.0%)、ドイツ人 (2.6%)、アイルランド人 (2.5%) など他のヨーロッパ諸国からの住民もかなりの数を数える[3]。他に、コロンビアモロッコエクアドル西アフリカ中華人民共和国インドからの移住者もおり、人口の15.6%を依然として占めている。

人種 人口 全人口に占める割合
スペイン人 99,998 73.9%
コロンビア人 5,703 4.2%
イギリス人 5,420 4.0%
モロッコ人 3,606 2.7%
ドイツ人 3,450 2.6%
アイルランド人 3,378 2.5%
エクアドル人 1,950 1.4%
その他 11,758 8.7%

島には、国際空港のアレシフェ空港があり、2008年には5,438,178人の乗客がここを通って旅行した[4]。観光は過去40年間、産業は唯一農業だけであった島の経済を支えてきた。初期の開拓者たちが、悪魔の出来事として火山噴火を最初に経験したため、ランサローテの紋章は悪魔である。

ランサローテは、ラス・パルマス県の一部であり、7つの自治体に分割される。

文化[編集]

映画[編集]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]