第5惑星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第5惑星
Enemy Mine
監督 ウォルフガング・ペーターゼン
脚本 エドワード・クマーラ
原作 バリー・B・ロングイヤー
わが友なる敵』。
製作 スティーヴン・フリードマン
製作総指揮 スタンリー・オトゥール
音楽 モーリス・ジャール
撮影 トニー・イミ
編集 ハンネス・ニーケル
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年12月20日
日本の旗 1986年5月24日
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $12,303,411[1]
テンプレートを表示

第5惑星』(Enemy Mine)は、1985年アメリカ映画。原作はバリー・B・ロングイヤーによる中編SF小説わが友なる敵』。

ストーリー[編集]

21世紀末の世界では宇宙進出した地球人がドラコ星人と戦争を繰り広げていた。ある日、激戦の末に地球人のダビッジと雌雄同体のドラコ星人ジェリバが同じ惑星に墜落してしまう。その惑星はとても劣悪な環境であり、生き延びるために二人は渋々一時休戦して協力することにした。そして幾多の危機を乗り越えるうちに二人には友情が芽生える。そして二人の関係は、ついには地球人とドラコ人との和解をもたらすこととなる。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ダビッジ デニス・クエイド 屋良有作
ジェリバ(ドラコン星人) ルイス・ゴセット・ジュニア 阪脩
スタッブス ブライオン・ジェームズ 池田勝
アーノルド リチャード・マーカス 上田敏也
ザミス バンパー・ロビンソン 坂本千夏

評価[編集]

第14回アボリアッツ・ファンタスティック映画祭で黄金のアンテナ賞を受賞。

第13回サターン賞ではSF映画賞にノミネートされた。

トリビア[編集]

  • 原作者で脚本も担当したバリー・B・ロングイヤーは、ルイス・ゴセット・ジュニアが演じたドラコン星人の名を、彼の敬愛する俳優ジェームズ・シゲタの名前に着想を得て「ジェリバ・シーガン」と名付け、執筆中も彼を想定してストーリーを書き上げた、と自著『The Enemy Papers』に記している。

参考文献[編集]

  1. ^ Enemy Mine (1985)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年2月10日閲覧。

外部リンク[編集]