レイアウト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レイアウト英語: layout, lay-out)とは、デザイン(紙、ウェブ等)、建築設計インテリア(展示会場・展覧会場設計、ショールーム設計などを含む)、書籍雑誌新聞などの編集等々において、何をどこにどのように配置(割り付け)するかということ、また、そのような配置(割り付け)をする行為も意味する。

デザインや編集の分野では、エディトリアルデザインとも呼び、グラフィックデザイナーエディトリアルデザイナーアートディレクターなどが担当する。

なお、レイアウトという言葉を日本に初めて紹介したのは、当時広告界 (雑誌)の編集長であった室田庫造であるという(1929年)。(「近代広告の誕生 ポスターがニューメディアだった頃」(竹内幸絵、青土社、2011年)、120ページ参照)

オフィスのレイアウト[編集]

オフィスのレイアウトについては、例えば、以下のような点が考慮の対象となる。

  • 業務効率化
  • ITインフラの整備
  • 省エネやコスト削減
  • ゆとりのある空間(働きやすい環境)

(参考)オフィス作りの考え方([1]

オフィスのレイアウトは画一的に最適なものが存在するわけではなく、業務内容により望ましいレイアウトは大きく異なる。したがって、企業ごとの業務内容、また、一企業内であっても部署ごとの業務内容を十分に考慮のうえ、決定していく必要がある。

オフィスのレイアウトについては、建築家インテリアデザイナー、インテリアコーディネイターなどが行うことが多い。

また、オフィスのレイアウトを専門に行う企業も多い。

関連項目[編集]