エーリヒ・フォン・チェルマク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エーリヒ・フォン・チェルマク

エーリヒ・フォン・チェルマク(Erich von Tschermak-Seysenegg、1871年11月15日 - 1962年10月11日)は、オーストリアウィーン出身の農学者遺伝育種)である。日本語では名をエーリッヒ、姓をチェルマックなどと表記する場合もある[1]。初期は園芸品種の改良に関心を示した。

フライブルク農場で従事し、病害に強い品種の開発を行い、その中には交雑種を含むムギの品種改良が含まれている。

1896年学位を取得する。1900年、オーストリアの国営農場でエンドウの交配実験を行い、チェルマクはユーゴー・ド・フリースカール・エリッヒ・コレンスと並び、グレゴール・ヨハン・メンデル1860年に発表したメンデルの法則を再発見した人物とされ、1906年にはウィーン農科大学の教授を務めた。

家族[編集]

父はチェルマク閃石の由来となった鉱物学者グスタフ・チェルマクGustav Tschermak von Seysenegg)、母方の祖父は学生時代のグレゴール・ヨハン・メンデルに植物学を教授した植物学者エドゥアルト・フェンツルEduard Fenzl)である。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ チェルマックの用例:[1]

関連項目[編集]