オールスタープロレスリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オールスタープロレスリングALL STAR PRO-WRESTLING)は、スクウェア・エニックス(合併前はスクウェア)が開発・発売している3Dのプロレスゲーム

シリーズ[編集]

2作目まではスクウェアで、3作目はスクウェア・エニックスでの発売。

  • オールスタープロレスリング(2000年6月8日発売、PlayStation 2、7,140円)
  • オールスタープロレスリングII(2001年11月22日発売、PlayStation 2、7,140円)
  • オールスタープロレスリングIII(2003年8月7日発売、PlayStation 2、8,190円)

概要[編集]

プロレスゲームの中でも、細部にまでこだわった美麗なグラフィックが特徴で、リアルさにこだわったゲームである。選手は全員実名で、技の掛け声は本人のもの、技の動きはモーションキャプチャで撮られたものが使用されている。1作目ではモーションに関しては実際より遅く、もっさりとした印象があるという声もあったが、徐々に改良がされている。

1作目では主にアナログスティック(L3、R3ボタン)を使用しており、左スティックで移動し右スティックで技を出す形態が取られていた。しかし、この体系はプロレスゲームに熟練している者にはとっつきに悪くとられることがあったため、2作目以降では左スティックで移動をし、ボタン操作により技を出す操作方法に変更された。

本ゲームの特徴に以下のものが挙げられる。

テンション
相手から攻撃を受ける、挑発される、相手の技を切り返すことにより上がる。テンションが上がると大技が出せるようになる(逆にテンションが上がらなければ小技しか出せない)。テンションが上がりきると、観客から選手に対してコールが発生、選手のステータス表示も点滅し、さらにダメージの大きい大技を出せるようになる。
キャプチャ
相手の髪をつかむ動作。投げ技を出すときはこの操作が必須となる。つかんだまま相手の背後(前)に立ったりすることもできる。
連携技
2作目から登場。技の発動中にタイミング良くボタンを押すと、次の技へと連携させることができる。選手が得意としているムーブを再現することが可能(例:武藤敬司のスペースローリングエルボー→フェースクラッシャーの流れ)
レフェリー操作
2作目より登場。自分がレフェリーになって、3カウント、ギブアップ、反則カウント、場外カウントを自分の思い通りにとることが出来る。また、打撃のみだが攻撃に加わる事が出来る。
レスラーの「間」の再現
実際のプロレスでは、試合開始時にリングの外周を回って相手の出方を伺う動作をするが、本ゲームではこれを再現している(既存のプロレスゲームでは試合が始まると相手に向かって真正面に向かっているものが多い)。

その他[編集]

  • 1作目は登場レスラーが新日本プロレス所属選手のみである。
  • 入場シーンの華麗さは絶賛されている。2作目では容量の関係からか、入場シーンをカットしてしまい、批判を受けた。3作目では復活した。
  • 収録時の実際の性格、人間関係も反映されており、仲のよいレスラー同士だとCPU操作のレスラーに出した指示を素直に聞いてくれるが、仲の悪いレスラーだと、無視し続ける。他にも、全くタッチに来ないということもある。エプロンに控えている選手に攻撃した後、リング内に来るかどうかにも違いがある。