ミネソタ・レッキング・クルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミネソタ・レッキング・クルーThe Minnesota Wrecking Crew)は、プロレスラータッグチーム。メンバーを入れ替えながら、1960年代から1980年代にかけて、ヒールのポジションで長く活躍した。

実際には血縁関係はないものの、4人のメンバーは全員兄弟であるという設定でミネソタ州出身のアンダーソンを名乗った。グラハム兄弟(ジェリーエディルークビリー)やバリアント兄弟ジミージョニージェリー)などと並んでギミック上のレスリング・ブラザーズの典型的な見本である。

概要[編集]

初代は「長男」ジン・アンダーソンと「次男」ラーズ・アンダーソンのコンビで1966年に結成され、NWA南部テリトリーを中心に活動した[1]。1960年代末からは、AWAでデビューしたアラン "ザ・ロック" ロゴウスキーが「三男」オレイ・アンダーソンとして加入。その後ラーズが脱退し、ジンとオレイが2代目タッグを結成する。

以後、ジム・クロケット・ジュニア主宰のNWAミッドアトランティック地区ジム・バーネット主宰のNWAジョージア地区を主戦場に活躍。ミッドアトランティックでは1975年から1981年にかけて、ワフー・マクダニエル&ルーファス・ジョーンズミスター・レスリング&ディノ・ブラボーリック・フレアー&グレッグ・バレンタインダスティ・ローデス&ディック・スレーターポール・ジョーンズ&マスクド・スーパースターなどの強豪チームを破り、同地区認定のNWA世界タッグ王座を再三獲得した[2]。ラーズも時折再加入し、ジョージアではラーズとオレイのコンビで1978年2月にミスター・レスリング2号&トニー・アトラス1980年4月にイワン・コロフ&アレックス・スミルノフからジョージア・タッグ王座を奪取している[3]

1980年代に入ると、ジンが現役を退いてマネージャーに転身。オレイはシングルプレイヤーとなり、ジョージア地区のブッカー兼選手として活動。そして1985年、オレイが自分と風貌のよく似た新人選手を「四男」アーン・アンダーソンに改名させ、3代目のコンビを結成。このコンビは後にミッドアトランティック地区でフォー・ホースメンにも参加し、一時代を築く。一度解散するも再結成され、オレイの引退によってチームとしてはその歴史を終えた。

「アンダーソン」の名はプロレス史に深く刻まれ、その名を名乗るプロレスラーは必然的に彼らとの関連性を連想されてしまう。WWEで活躍したケン・ケネディも、そのためにリングネームを変更した一人である。

日本にはジンとオレイのコンビで日本プロレス1970年1月)と国際プロレス1973年10月)に来日。日プロではアントニオ猪木&吉村道明アジアタッグ王座に、国プロではラッシャー木村&グレート草津IWA世界タッグ王座に挑戦した。

なお、ミネアポリス育ちのリック・フレアーは1976年の一時期[4]、ミッドアトランティック地区でジン&オレイの「従兄弟」という役どころでメンバーに加わり、6人タッグマッチなどに出場していたことがある[5]

影響下のタッグチーム[編集]

彼らのユニット名は後年、主にミネソタ出身の選手によるタッグチームに継承されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Mid-Atlantic Superstar Wrestling Results - Gene Anderson”. Mid-Atlantic Gateway. 2011年6月3日閲覧。
  2. ^ NWA World Tag Team Title History: Mid-Atlantic version”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月16日閲覧。
  3. ^ NWA Georgia Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月16日閲覧。
  4. ^ Mid-Atlantic Superstar Wrestling Results - Ric Flair”. Mid-Atlantic Gateway. 2010年6月16日閲覧。
  5. ^ リック・フレアー、キース・エリオット・グリーンバーグ共著『リック・フレアー自伝 トゥー・ビー・ザ・マン』P71(2004年、エンターブレインISBN 4757721536
  6. ^ Shelton Benjamin's Profile”. SLAM! Wrestling: April 17, 2005. 2011年9月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]