ラーズ・アンダーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラーズ・アンダーソン
プロフィール
リングネーム ラーズ・アンダーソン
ラリー・ハイニエミ
本名 ローレンス・ジョージ・ハイニエミ
ニックネーム ミネソタの難破船
身長 185cm
体重 115kg(全盛時)
誕生日 1939年3月14日(75歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミネソタ州の旗 ミネソタ州ミネアポリス
スポーツ歴 レスリング
トレーナー バーン・ガニア
デビュー 1965年
テンプレートを表示

ラーズ・アンダーソンLars Anderson)のリングネームで知られるラリー・ハイニエミLarry Heinemi、本名:Lawrence George Heiniemi1939年3月14日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーミネソタ州ミネアポリス出身[1]

1960年代から1980年代にかけて一世を風靡したタッグチーム・ユニット、ミネソタ・レッキング・クルーThe Minnesota Wrecking Crew)のオリジナル・メンバーとして知られる。

来歴[編集]

ミネソタ州立大学時代はAAU3連覇を果たすなどレスリングの選手として活躍[1]。その後バーン・ガニアにスカウトされ[1]1965年8月に地元ミネアポリスのAWAにて、ラリー・ハイニエミの名義でデビュー[2]ベビーフェイスのポジションで活動し、AWAの新人賞も獲得した[1]

1966年ジン・アンダーソンのパートナーとなってヒールに転向し、ラーズ・アンダーソンと改名。実際には血縁関係はないものの、ジンの「弟」と称してミネソタ・レッキング・クルーを結成、NWAジョージア地区にてエンリケ&ラモンのトーレス兄弟と抗争し、1967年4月にはジョージア版のNWA世界タッグ王座を奪取した[3]

1960年代末からは新メンバーのオレイ・アンダーソンを後任にしてユニットを離れ、職人肌のタッグ・プレイヤーとして世界各地を転戦。1969年10月にはオーストラリアにてディック・マードックとのコンビでIWA世界タッグ王座を獲得している[4]1970年9月には日本プロレスに初来日、アマチュア時代からの旧友ボブ・ループ[5]と組んで『第1回NWAタッグ・リーグ戦』に出場した。1971年は古巣のAWAにて、ハーリー・レイスに代わるラリー・ヘニングの新パートナーも務めている[6]

1973年4月にはAWAルートでマッドドッグ・バションイワン・コロフと共に国際プロレスに来日、4月27日には宮城県スポーツセンターにてラッシャー木村との金網デスマッチも行われた[7]。国際には同年9月の『第5回IWAワールド・シリーズ』にも参戦し、予選リーグにてストロング小林から勝利を収めベスト4の決勝トーナメントに進出。準決勝でグレート草津と対戦するも両者KOで失格となった(決勝はラッシャー木村とブラックジャック・マリガンで争われ、マリガンを破った木村が優勝)。9月27日には愛知県体育館にてラッシャー木村と再度金網デスマッチで対戦した。

以降もAWAを主戦場に、AWA世界ヘビー級王者バーン・ガニアをはじめ、クラッシャー・リソワスキービル・ロビンソンワフー・マクダニエルレッド・バスチェンクリス・テイラーケン・パテライワン・プトスキージェフ・ポーツグレッグ・ガニアジム・ブランゼルらと対戦[8]1975年にはアメリカ北東部の新団体IWAにも出場し、ミル・マスカラスが保持していたIWA世界ヘビー級王座に挑戦した[9]

1970年代後半はNWAの南部テリトリーで活動し、1977年フロリダ地区にてジャック・ブリスコダスティ・ローデスと抗争を展開[10]。9月20日にタンパ、12月15日にジャクソンビルと、2度に渡りローデスからフロリダ・ヘビー級王座を奪取するなど、シングル・プレイヤーとしての実績も残している[11]1978年からはジョージア地区に戻り、ミネソタ・レッキング・クルーに再加入。オレイ・アンダーソンとのコンビで同年2月27日にミスター・レスリング2号&トニー・アトラス、4月28日にサンダーボルト・パターソン&トミー・リッチ1980年6月8日にイワン・コロフ&アレックス・スミルノフを破り、ジョージア・タッグ王座を3回獲得した[12]。オレイとは仲間割れを起こし、会場の照明を落として試合を行うライツ・アウト・マッチやボクシング・マッチなどのデスマッチ形式で分裂抗争を繰り広げたこともある[13]。このときはベビーフェイスのポジションに回り、テリー・ファンクとも抗争を展開した[13]

ハワイでの活動[編集]

1983年、前年に死去したピーター・メイビアの未亡人リア・メイビア(ザ・ロックの祖母)に招かれ、ヘッド・ブッカーとしてハワイポリネシアン・パシフィック・レスリングPPW)に参画[14]。ピーター・メイビアの死後、開店休業状態だった同団体の再建に尽力する。

1985年8月3日にはアロハ・スタジアムにおいて、NWA(世界王者リック・フレアー、ダスティ・ローデス、マグナムTAニキタ・コロフクラッシャー・クルスチェフケビン・サリバン)、WWFアンドレ・ザ・ジャイアントジミー・スヌーカキングコング・バンディ)、新日本プロレスアントニオ猪木藤波辰巳)、さらにはフリーランスのブルーザー・ブロディなど、各団体からトップスターを招聘してビッグイベントを開催、2万人近い観客を動員した(アンドレらWWF勢は新日本プロレス経由のブッキングだったが、当時のアメリカのマット界はWWFとNWAのレスリング・ウォーが激化しており、両団体の選手が同じ興行に出場するのはアメリカ本土では実現不可能なことだった)[14]

選手としてもリングに出場し、メイビアの娘婿のロッキー・ジョンソンと共にPPWのエース格となって活躍。1983年から1986年にかけて、バッドニュース・アレンらを破りメインタイトルのポリネシアン・パシフィック・ヘビー級王座を通算5回獲得した[15]。新日本プロレスと提携していたことから、1984年8月15日には坂口征二とのコンビで同タッグ王座にも戴冠している[16]

以降もジェリー・ローラーケリー・フォン・エリックら大物をブッキングするなど手腕を振るっていたが、団体の運営を巡りメイビア派とトラブルを起こしPPWを脱退。選手の供給ルートを失ったPPWも1988年に活動を停止した。

その後、1996年レスリング・アカデミー併設のインディー団体ワールド・リーグ・レスリング(ハーリー・レイスが主宰する同名の団体とは別組織)をハワイで旗揚げし、2000年まで運営していた[14]

獲得タイトル[編集]

チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座:2回[11]
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
NWAサンフランシスコ
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング
アメリカン・レスリング・アソシエーション
ポリネシアン・パシフィック・レスリング
  • ポリネシアン・パシフィック・ヘビー級王座:5回[15]
  • ポリネシアン・パシフィック・タッグ王座:1回(w / 坂口征二[16]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『THE WRESTLER BEST 1000』P271(1996年、日本スポーツ出版社
  2. ^ Mid-Atlantic Superstar Wrestling Results - Lars Anderson”. Midd-Atlantic Gateway. 2011年6月3日閲覧。
  3. ^ a b NWA World Tag Team Title [Georgia]”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月14日閲覧。
  4. ^ a b IWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月14日閲覧。
  5. ^ Olympics just another step for Bob Roop”. SLAM! Sports (September 19, 2000). 2010年6月14日閲覧。
  6. ^ The AWA matches fought by Lars Anderson in 1971”. Wrestlingdata.com. 2014年11月5日閲覧。
  7. ^ The IWE matches fought by Lars Anderson in 1973”. Wrestlingdata.com. 2014年11月5日閲覧。
  8. ^ The AWA matches fought by Lars Anderson in 1974”. Wrestlingdata.com. 2014年11月5日閲覧。
  9. ^ The IWA matches fought by Lars Anderson in 1975”. Wrestlingdata.com. 2014年11月5日閲覧。
  10. ^ The CWF matches fought by Lars Anderson in 1977”. Wrestlingdata.com. 2014年11月5日閲覧。
  11. ^ a b NWA Florida Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月14日閲覧。
  12. ^ a b NWA Georgia Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月14日閲覧。
  13. ^ a b The GCW matches fought by Lars Anderson in 1980”. Wrestlingdata.com. 2015年1月13日閲覧。
  14. ^ a b c Hawaii: The Forgotten Wrestling Territory”. Online World of Wrestling. 2010年6月14日閲覧。
  15. ^ a b Polynesian Pacific Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月14日閲覧。
  16. ^ a b Polynesian Pacific Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月14日閲覧。
  17. ^ NWA Southern Tag Team Title [Georgia]”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月5日閲覧。
  18. ^ NWA World Tag Team Title [San Francisco]”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月5日閲覧。
  19. ^ AWA Midwest Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月5日閲覧。
  20. ^ AWA Midwest Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月5日閲覧。

外部リンク[編集]