ライオネス飛鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライオネス飛鳥
ライオネス飛鳥の画像
プロフィール
リングネーム ライオネス飛鳥
本名 北村 智子
身長 170cm
体重 70kg
誕生日 1963年7月28日(51歳)
出身地 東京都
トレーナー 山崎照朝
デビュー 1980年
引退 2005年
テンプレートを表示

ライオネス飛鳥(ライオネスあすか、1963年7月28日 - )は、日本の元女子プロレスラータレント実業家。本名は北村 智子(きたむら ともこ)。東京都生まれ、埼玉県蓮田市育ち。パーフィットプロダクション所属。

人物・来歴[編集]

蓮田市立黒浜中学校を経て、埼玉県立蓮田高等学校を中退後、1980年全日本女子プロレスに入団、同年5月10日にデビュー。後にリングネームを改めて[1]長与千種とのクラッシュギャルズで一大ブームを巻き起こす。1981年には全日本ジュニア王座1982年には全日本シングル王座を獲得した。1984年8月にはクラッシュギャルズがWWWA世界タッグ王座を獲得、さらに同年8月、「炎の聖書」で歌手デビュー。1989年春に現役を引退。

引退後は女子プロレスの解説をしながらタレント活動を始め、1990年には「のぞみウィッチィズ」で映画デビュー。また日本自動車連盟(JAF)の国際A級ライセンスを取得し、カーレースにも出場。1994年10月に行われた全女の東京ドーム大会にて女子プロレスラーとして現役復帰、ジャガー横田バイソン木村と共に『雷神隊(ライディーン・アレイ)』を結成するが、ブランクと甲状腺疾患による体調不良から思うように試合が出来ず、苦しい日々を過ごす。

その後、吉本女子プロレスJd'フリーランスとして戦いの場を移し、ブランクと甲状腺疾患を克服しヒールに転向。イーグル沢井シャーク土屋と組み、Jd'のみならず、FMWLLPWでも活躍の場を広げる。この時期に幾度となく繰り広げられた井上京子とのハードコアシングルマッチは評価が高い。1995年にはWWE(当時WWF)のPPV・サバイバー・シリーズに出場し、モンスター・リッパーやアジャ・コングとチームを組んで井上京子やチャパリータASARIらとの激戦を全米に披露。1998年12月27日後楽園ホール大会にてGAEA JAPAN初登場。1999年4月4日、9月15日に行なわれた長与千種との2度に渡る凄絶なシングルマッチを経て、2000年3月12日に再結成を宣言。2000年5月14日に行なわれたGAEA旗揚げ5周年記念有明コロシアム大会で「クラッシュ2000」として再始動。この有明大会での観客動員数は8,000人を超え、クラッシュ復活を観ようと観戦バスツアーも組まれた。その後はアルシオンに参戦し、浜田文子からクイーン・オブ・アルシオンのベルトを奪う。アルシオン消滅後は主にGAEAに活動の場を戻すが、首の故障により2004年11月3日の後楽園ホール大会で引退を発表。翌年2005年4月3日、GAEA JAPAN横浜文化体育館大会にて引退。

現在は銀座で会員制スナックを経営したり、GAORAなどでの解説を主としてタレント活動している。

得意技[編集]

ライガー・ボム
パワーボムの要領で相手を抱え上げ、開脚しながら相手の後頭部をマットに叩き付け、両足で相手の腕を押さえる技。体重の軽い相手に対し積極的に使用していた。
フリーバード・ボム
バックドロップの要領で相手を後ろから抱え、前方で相手の体を水平に回転させて叩き付ける技。後期では主に繋ぎの技として使われた。
タワーハッカー・ボム
相手を逆アルゼンチン・バックブリーカーのように肩に担ぎ、自分の首を支点に相手の体を水平に回転させながらライガー・ボムのようにマットに叩き付ける技。フリーバード・ボムを返されることが多くなり新技の開発を迫られ、より高いところから相手を叩き付ける方法を模索して開発された技。後期のメイン必殺技。
LSD I〜III
タワーハッカー・ボムを返された時にだけ出す取って置きの必殺技。Iは変形のフィッシャーマン・バスターからホールドするがほとんど使われたことがない。IIIはフィッシャーマン・バスターの体勢から相手を回転させ前方へファルコン・アローのように脳天から叩き付ける技。多くの大一番でLSD IIIが飛鳥に勝利をもたらしている。技名のLSDは「ライオネス・サプライズ・ドライバー」の略。
スーパーライガー・ボム
コーナーのセカンドロープ上に長机をかけ足場を作り、その上からマットに向かってライガー・ボムのように叩き付ける技。ヒール転身後に時折使用していた。
逆回し蹴り
しゃがんだり膝をついたりして体勢を低くした相手に向かってその場で横向きに前転し、その遠心力を利用して踵で相手の顔面を蹴る技。浴びせ蹴りに近いが縦回転ではなく横回転なので、相手に当たるタイミングが早く避けづらいのが特徴。ボム系の技を狙う前に使用していた。後に加藤園子に継承される。
ハードコア・ダイビング・フットスタンプ
相手を仰向けに寝かせてその上に脚を折りたたんだ長机を乗せ、その上にフットフタンプを決める技。机の金具がめり込むので見た目より痛いらしい。場外に向かって使用することもある。
毒霧
グレート・ムタお得意の必殺技、青緑の塗料の混じった液体を口に含んで相手の顔面に吹きかける。
ジャイアントスイング
試合の度に愛用した技。1984年10月29日山崎五紀戦で当時最高の24回転に成功させる。
ジャガー式バックドロップホールド
WWWA世界シングル王座にてこの技でジャガー横田に敗れてから、一時期使用したここ一番の技。相手の片足を膝から曲げてフックし、バックドロップホールドを決める。
カウンター手刀
80年代クラッシュギャルズ全盛期に主によく使用した相手をロープに振ってからのカウンター技で、『炎の聖書(バイブル)』のジャケットにもなったポーズから、繰り出す逆水平の手刀。長与とクラッシュギャルズとしてタッグを組むと、ツ―プラントンで、飛鳥は手刀、長与は正拳突きを同時に放っていた。尚、長与とのタッグ連携時のw正拳突き以外で、飛鳥が正拳突きを使用した事は一切ない。
サソリ固め
クラッシュギャルズのダブルサソリのイメージが強いが、シングル戦においても使用した。
脇固め
長与よりも早く使い始め、全女中期によく使用した技。地方巡業などではフィニッシュホールドにもなった。またU系のチキンウィングフェイスロック三角絞めも同時期に使用していた。

主なタイトル歴[編集]

歌手活動[編集]

  • 「炎の聖書」で歌手デビュー。今までにシングル8枚、アルバム4枚、マキシシングル2枚を発表。

主な出演[編集]

映画・Vシネマ

テレビ

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「ライオネス」とはメスライオンを意味し、当初は「明日華」を名乗る予定だったが語呂が悪いため、飛鳥となった。

外部リンク[編集]