佐藤ちの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐藤 ちの
プロフィール
リングネーム 佐藤 ちの
チノ・サトー
本名 同じ
身長 162cm
体重 58kg
誕生日 1960年7月29日(53歳)
出身地 東京都杉並区
デビュー 1978年6月2日
引退 1981年2月25日
テンプレートを表示

佐藤 ちの(さとう ちの、女性、1960年7月29日 - )は、日本の元プロレスラー東京都杉並区出身。

経歴・戦歴[編集]

昭和53年組として全日本女子プロレスに入団。同期にはデビル雅美ジャンボ堀らがいる。

1978年6月2日デビュー。

新人時代にはチノ・サトーのリングネームでミミ萩原と「ラブリー・ペア」を結成し、第3代ブラック・ペア(池下ユミ&マミ熊野)から勝利を奪う番狂わせを演じた。

1980年に20歳以下を対象とした全日本ジュニア王座が創設されると、その初代王座を横田利美(現・ジャガー横田)と争うが、敗戦。

腰と首を痛め、1981年2月25日、横浜文化体育館引退。セレモニーでは先輩レスラー全員とのエキシビションを敢行した。

現役時代より試合がないときには全日本女子プロレス中継でのリポーターを務め、引退後も解説者となった。

1984年には女優として日活ロマンポルノに出演した。

得意技[編集]

日本の女子プロレスラーとして初めて使用した。引退後は同期の堀に受け継がれた。

映画[編集]

  • ヴァージンなんか怖くない
  • 美少女プロレス 失神10秒前

関連項目[編集]

出典[編集]

  • 週刊プロレス6月22日号「全日本女子プロレスレスラーカタログ100」

外部リンク[編集]