横須賀享

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
横須賀 享(ジミー・ススム)
横須賀 享(ジミー・ススム)の画像
プロフィール
リングネーム ジミー・ススム
横須賀 享
望月 享
本名 望月 享
ニックネーム 職人
隠れ剛腕
身長 173cm
体重 77kg
誕生日 1978年2月18日(36歳)
出身地 神奈川県横須賀市
所属 DRAGON GATE
スポーツ歴 柔道野球ソフトボール[1]
トレーナー ウルティモ・ドラゴン
デビュー 1998年11月22日
テンプレートを表示

横須賀 享(よこすか すすむ、男性、1978年2月18日 - )は、日本プロレスラー。現在はジミー・ススムリングネームで活動。本名および旧リングネームは望月 享(もちづき すすむ)。神奈川県横須賀市出身。DRAGON GATE(旧闘龍門ジャパン)所属。イメージ・カラーは

経歴[編集]

中学卒業後に一時みちのくプロレス新日本プロレスに入門したが、いずれも人間関係が原因でデビュー前に退団。

1997年闘龍門3期生としてメキシコに渡り、1998年11月22日に本名の望月享としてプロレスデビューを果たした。デビュー戦直後に闘龍門の若手選手によって行われる大会“ヤングドラゴン杯”にエントリーされるも初戦敗退(この時の優勝者は堀口元気)。翌年の“ヤングドラゴン杯”にも参加したが、結果は準決勝敗退。しかし、この大会後をきっかけに前々から意気投合した神田裕之と共にヒール転向する。

2000年1月2日にメキシコで行われたIWRGインターコンティネンタル・タッグ初代王座決定トーナメントに、神田裕之と出場。見事にトーナメントを制覇し、初代IWRGタッグ王座を獲得した。その後もタッグ戦での実力を存分に発揮し、注目されるようになる。

2000年3月5日、IWRGタッグ王座戦に敗れ王座陥落するも、裁定に納得できずに神戸大会をボイコットし、直後にメキシコに渡る。1か月後に帰国し、突如福岡大会に現れる。その大会で無理矢理試合に参戦することを要求。その試合後にCRAZY-MAXに襲撃されてしまうが、当時闘龍門にフリーで参戦していた望月成晃に救出される。これがきっかけになり4月25日に望月成晃、神田裕之とM2Kを結成する。また、タッグ戦線だけに留まらず英連邦ジュニアヘビー級王座やNWAウェルター級王座などのシングル王座も積極的に挑戦し、NWAウェルター級王座の獲得は成功した。

2002年2月24日に不完全燃焼がユニットの銘だったM2Kに、突如リーダーの望月成晃が完全決着推進のスローガンを掲げ、意見の違いから2人の間に遺恨が生まれる。そして「闘龍門に望月は2人もいらない」という理由から、自分と同姓である望月成晃と、「モチヅキ・コントラ・モチヅキ」という互いの姓字を賭けたコントラ・マッチを行い、敗退。試合前の条件により、リングネームを出身地にちなんだ横須賀享に改めた[2]

その後、神田裕之の引退と一緒にM2Kは封印され、Do FIXERに籍を置くこととなった。神田の次はK-ness.とタッグを組むようになり、2人のタッグをファンは「クネスカ」と呼ぶようになる。

2004年6月20日に悪冠一色を追放され、襲撃される望月成晃を突如助ける。そしてDo FIXERを卒業という形で離脱し、再び望月成晃とタッグを結成。同じくDo FIXERを卒業したK-ness.、無所属だった新井健一郎土井成樹(当時:セカンド土井)とFinal M2Kを結成する。

2004年8月28日、CIMAの持つオープン・ザ・ドリームゲート王座の挑戦権を賭けた試合“キーハンティング4Way戦”に出場し勝利。ドリームゲートの挑戦権を獲得する(この時の対戦相手はエル・ヌメロ・ウノ優勝者のドラゴン・キッド、当時DRAGON GATE最重量の大鷲透、大本命のミラノ・コレクションA.T.だったため、享にとっては圧倒的に不利が予想されていたが、その予想を見事に覆した)。9月17日にCIMAとオープン・ザ・ドリームゲート王座戦を行うが結果は敗退。

2005年末のキング・オブ・ゲートに出場するも、決勝戦で斎藤了に敗れ準優勝。しかし翌2006年4月23日に斎藤了の保持するオープン・ザ・ドリームゲートに挑み、勝利して第5代王者となった。その後B×Bハルク、ドラゴン・キッド、ペンタゴン・ブラックと3度の防衛に成功した[3][4]。8月11日に数々の功績が認められ望月成晃からFinal M2Kリーダーの座を譲り受けたが、11月大阪大会でドン・フジイに敗れてドリームゲート王座陥落。

2007年1月にはFinal M2Kも解散。3月30日、ROHに参戦し、ドラゴン・キッドと対戦。12月23日、肉体改造に成功しウェイトが軽くなったため、吉野正人の持つオープン・ザ・ブレイブゲート王座に挑戦するが30分近くの熱戦の末、敗退。

2008年5月5日、愛知県体育館で斎藤了と共に新井健一郎&岩佐拓(通称:新岩)の持つオープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座戦に勝利し、王座を獲得。11月16日には大阪府立体育会館で鷹木信悟の保持するオープン・ザ・ドリームゲートに挑んだ。脇腹を痛めた状態で30分以上の試合を繰り広げたが敗北[3][4]

Typhoonの解散後は連敗が続いたが、斎藤が再びリョウスカの結成を提案。横須賀もその提案を受け、2009年2月15日の博多スターレーン大会で、REAL HAZARDYAMATO&サイバー・コングが保持するオープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座に挑戦。しかし、試合中に斎藤の裏切りに遭い敗北、斎藤はREAL HAZARDに加入する。試合後もREAL HAZARDのメンバーから暴行を受けるが、そこにREAL HAZARDの前リーダーGammaが登場し、横須賀を救出し、新タッグの結成を表明。

3月1日の大阪府立体育会館第2競技場大会でGammaとの新タッグでオープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座に再び挑戦し、これに勝利。第6代王者となった。試合後、年末から消息を絶っていたCIMAが登場し、横須賀享・Gamma・CIMA、そしてこの日REAL HAZARDを脱退したKAGETORAの4人により、新ユニットWARRIORS-5の結成を電撃発表した。

4月26日の博多スターレーン大会にて、斎藤了とシングルマッチで対戦するが敗北。しかし、6月11日後楽園ホールでDr.マッスルに扮して斎藤を挑発し、7月10日に再戦し、勝利した。10月25日、博多スターレーン大会にて、土井成樹の持つオープン・ザ・ドリームゲート王座に挑戦し、土井のマスキュラーボムに対する返し技を使用するなどで、土井を追い詰めるものの、敗北。試合後、土井に挑戦を表明したB×Bハルクの発言に反発するが、CIMAとGammaに制止され、2人に対して不信感を抱き、ユニット内で孤立する。11月に入り、不穏な動きが見られるようになり、同時期に登場したDr.マッスルの正体と噂されるようになる。12月3日の後楽園ホール大会でWARRIORS-5を離脱し、REAL HAZARDに加入した。(その後離脱、クネスカとしてK-ness.と活動)

2011年、KAGETORAと組み、戸澤陽・B×Bハルクの持つオープン・ザ・ツインゲート王座に挑戦した。戸澤の提案で「負けたら"ジミー"が付く名前へ改名」という条件付きの試合だったが敗北し、KAGETORAとともに、ジミー・ススム、ジミー・カゲトラに改名する。しかしこの後ジミー神田斎藤"ジミー"了堀口元気H.A.Gee.Mee!!Mr.キューキュー"谷嵜なおき"豊中ドルフィンが相次いで加入し、「ジミーズ」は存在感を発揮している[1][3]。2013年末には斎藤・谷嵜とのタッグでオープン・ザ・トライアングル・ゲート王座を獲得した。2014年2月には斎藤の負傷で一旦返上したものの、谷嵜・神田とのタッグで再び獲得した[5]

得意技[編集]

プロレスラーとしては小柄(DRAGON GATEでは平均的)だが、ラリアットパワーボム等のパワー技を多く繰り出す。対戦相手、会場、試合内容によって教科書通りのプロレス技から意外な技までも見せるオールラウンダー型である。

ジャンボの勝ち!
横須賀の放つラリアット。そのまま片エビ固めに移行すると、「ジャンボの勝ち!固め」になる。
繋ぎ技として使うことが多いが、他のフィニッシュ・ホールドが全て返された時の切り札として使われる例も多い。技名は全日本プロレス中継でのジャンボ鶴田三沢光晴1990年9月1日、日本武道館)のラリアット合戦における若林健治アナの実況に由来する。2007年プロレスリング・ノア日本武道館大会でタイフーンのメンバーとして乗り込んだ時にも披露し、数年ぶりに日本テレビの実況に「ジャンボの勝ち!」と言わせた(地上波放送では放送終了後の提供紹介のバックで前述のラリアット合戦の映像が流れた)。自身が苦手とするドラゴン・キッドの「ウルトラ・ウラカン・ラナ」もこの技で返した。神田裕之の「ジョン・ウー」とコラボレーションすることがあり、「ジャン・ウー」と呼ばれる。
友情(アイカタ)
カナディアン・バックブリーカーの要領で相手を右肩に担ぎ、相手の足を前方に投げ出しつつ左側に落とす。「欠場しているK-ness.の分まで戦う」ということで、この名がついた。
夢限(ムゲン)
ダブルアーム式の友情。コーナーに背を向けて相手を持ち上げ、パートナーがコーナーに昇って足を捕まえつつ叩きつける幻壊(ゲンカイ)というツープラトン技も存在する。3人で行う場合は激熱!!!(ゲキアツ)になっている。
横須賀ドライバー
相手をカナディアン・バックブリーカーの体勢に担ぎ上げ、その状態から前方に落とす技。吉江豊のカナディアン・ハンマーや元WWEのファルークのドミネイターとほぼ同型だが、こちらはダメージを顔面に集中してるようである。
横須賀ライナー
滞空式のウラカン・ラナ。当初は「超滞空高角度後方回転エビ固め」の名称だったが、2004年8月に横須賀ライナーに決定した。バリエーションに「横須賀ライナー緊急停車」や「横須賀ライナー臨時号」がある。由来は享のテーマ曲から。
ワールドライナー
ドラゴン・キッド用の技。空中で一回転してのパワーボム。キッドがウラカン・ラナに来たところを、その回転を利用してさらにもう半回転して叩きつける。SUWAのスイーターボムと同じ技。
KOBEワールドライナー
対ドラゴン・キッド用の技。雪崩式のワールドライナー。2006年7月の神戸ワールド記念ホール大会で初公開。
クネスカライナー
対ドラゴン・キッド用の技。ワールドライナーで叩きつけた後、光の輪に移行する技。
横須賀カッター
相手をカナディアン・バックブリーカーの体勢に担ぎ上げ、その状態から横に反転させてダイヤモンド・カッターのように首を固定して落とす技。この技は横須賀享に改名する前から、この名称で使用している。春山香代子も同じ技を同じ名称で使用していた(春山は横須賀市出身ではない)。
横須賀ベイブリッジ
相手をノーザンライト・スープレックスで投げた後、体勢を変えずに後方に回転して起き上がり、再度ノーザンライト・スープレックスを放つ技。
横須賀タワー(ラストライド
通称「高い高い」。ラストライドをフィニッシュ・ホールドにしているマグニチュード岸和田が参戦している影響か、披露する機会が減っている。雪崩式バージョンもあり、その場合は「もっと高い高い」になる。
足横須賀
通称「高い足」。相手の両膝を抱えあげてマットに打ち付けるダブルのニークラッシャー。雪崩式バージョンもあり、その場合は「もっと高い足」になる。K―neesも使用している。
カミカゼ
ファイヤーマンズキャリーの体勢で前方に助走をつけ、そのまま縦に回転する技。本来はリッキー・フジの技だが、M2K時代の享の技で、享のカミカゼから神田裕之の下克上エルボーが当時の2人のフィニッシュだった。
エクスプロイダー
全日本プロレスに所属する秋山準の技で、相手の正面から肩と太腿の裏を掴んで背後に投げ飛ばす。雪崩式でもよく放っている。
雪崩式変形エメラルド・フロウジョン
コーナーで、相手をファイヤーマンズキャリーのように抱え上げ、景虎の一騎当千のように、エメラルド・フロウジョンの形でマットに叩きつける。
ヨコスカ・スライディングキック
土井成樹のバカタレ・スライディングキックと同型。2008年9月の京都大会で披露。土井吉とのオープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座戦の前に土井を挑発するために用いた。
対角線式トペ・コン・ヒーロ
主にタッグマッチなどで相手チームをセコンドごと分断する時に使う。オーソドックスなファイトスタイルの横須賀が使う数少ない飛び技。
ミトガワ・ラッシュ
相手の肩を左手でつかみ、エルボーとジャンボの勝ちを相手の首に交互に連打した後、さらにジャンボの勝ちを連発するコンビネーション。「ミトガワ」は横須賀や多くのレスラーが通っているトレーニングジム「ミッドブレス」の支配人の名前に由来。
ヨコスカキュラーボム
土井成樹のマスキュラーボムと同型。土井への挑発の意味を込めて出した言わば「掟破り」の技である。
マスキュラーラナ
土井成樹とのドリームゲート戦にて使用した、マスキュラーボムへの返し技。前方回転エビ固めの要領で丸め込み、マスキュラーボムと同じ形でマットに叩きつける。
ギャラリア風。
チャンピオンゲート前哨戦で王者YAMATOの目の前で決めた技。ギャラリアの体勢からエメラルド・フロウジョンのように落とす新技。

タイトル[編集]

入場曲[編集]

  • My Big Mouth / OASIS
  • Crash / ANTHRAX
  • YOKOSUKA☆LINER(現在) ※なお、ピアノバージョンのYOKOSUKA☆LINERもある。

人物・エピソード[編集]

  • “第一試合は負けてもいい”が本人のポリシーらしい。その言葉通りタイトル戦やメイン戦などは普段見られない底力を発揮する。
  • デビューから試合の時はシャツを着ながら試合をしていたが、雑誌「かっこいいカラダ」Vol.6の表紙に載るために肉体改造を始め、2007年9月22日の大田区大会から初めて上半身裸での試合をした。
  • 横須賀出身らしく、スカジャンを着て入場していた。夏季はコスチュームのまま。一時期新M2KとDo FIXERの抗争決着戦である「スカジャン・コントラ・スカジャン」に敗れ、スカジャンをファンにプレゼントしてしまったが、その時の落ち込みぶりが酷かったために、ファンがスカジャンを返しにきたことがある。
  • 小技の名手であり、そのキャリアの間に多くのベルト争いに絡んでいながら、無口で他のレスラーに比べ自己主張が足りないせいか、存在感が薄い。しかしその没個性的なキャラクターがアクの強いDRAGON GATEのレスラーの中にあって逆に個性として際立っているとも言える。
  • 団体1・2を争うほどの受身の名手でもあり[1]CIMAのシュバイン、ドラゴン・キッドのドラゴン・ラナ、斎藤了のプレミアム・ブリッジ等、それまでピンフォール率100%だった技を跳ね返している。
  • コスチューム作りが得意で、自分の分だけでなく同団体の選手のコスチュームを製作している。
  • 「足横須賀」「ジャンボの勝ち!」「高い高い」「腕吉野」など技の名前は適当に決める。
  • コスチュームに書かれている「046」という数字は、横須賀市や葉山町の電話番号の市外局番である。
  • K-ness.同様、フィギュアが好きであり、好きな仮面ライダーはライダーマン、好きな怪人は十面鬼ゴルゴス(仮面ライダーアマゾン)である(オフィシャルコラムブックより) また、2010年のKING OF GATEでは仮面ライダーWのファング・ジョーカー(白と黒のツートンカラー)を意識したショートパンツ、レガース・ブーツで試合を行った。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「2014プロレスラー カラー写真名鑑」p.11、週刊プロレスNo.1714、2013年12月5日増刊、ベースボール・マガジン社
  2. ^ なお、望月成晃が負けた場合は、江東成晃(えとうまさあき)になる予定だった(望月成晃は江東区出身)。
  3. ^ a b c 週刊プロレスEXTRA vol.9「ドラゴンゲート大百科」2013年11月5日、ベースボール・マガジン社
  4. ^ a b DRAGON GATE データベース> オープン・ザ・ドリーム・ゲート2014.3.7閲覧
  5. ^ DRAGON GATE データベース> オープン・ザ・トライアングル・ゲート2014.3.7閲覧

外部リンク[編集]