オープン・ザ・お笑いゲート王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オープン・ザ・お笑いゲート王座
詳細
現王者 斎藤“ジミー”了
獲得日 2013年3月7日
管理団体 DRAGON GATE
創立 2007年5月4日

オープン・ザ・お笑いゲート王座(オープン ザ おわらいゲート おうざ)は、日本プロレス団体DRAGON GATEが管理する王座。

特徴[編集]

このタイトルは試合の勝ち負けでは移動することはなく、お客さんの拍手の量によって勝ち負けが決まるが、プレゼントや強奪などでの王座の移動もある。

2007年5月、ストーカー市川Z(当時)がアメリカに行った際に遠征先のPWGコミッショナーより贈呈されたという話だったが、実際はDRAGON GATE制作[1]でPWGコミッショナーに市川への贈呈を依頼していた。

「笑」の文字が刻まれている中央部分はマジックテープにより着脱が可能で、中に写真などが収納できるようになっている。

初代王者の市川には救済処置として使用すれば自動的に防衛が可能になる「泣きの10回券」が与えられていたが、半分ほど使ったところで菊タローに破られた。

2009年夏ごろから2011年4月まで当時王者・菊タローの参戦が途絶えており、2011年5月の防衛戦が行われないままになっていた。

歴代王者[編集]

レスラー 防衛回数 獲得日付 獲得した場所(対戦相手・その他)
初代 “ハリウッド”ストーカー市川 7 2007年5月 ロサンゼルス
第2代 CIMA 0 2007年10月8日 ツインメッセ静岡
王座贈呈
第3代 ジャクソン・フロリダ 2 2007年10月17日 SITE-KOBE
前王者のCIMAが初防衛戦で勝利したが、早くベルトを手放したいと、セコンドにいたジャクソンにプレゼントされた[2]
第4代 望月成晃 0 2008年1月19日 名古屋テレピアホール
第5代 ジャクソン・フロリダ 5 2008年2月2日 うきは市吉井体育センター
第6代 ジョンソン・フロリダ 0 2008年7月11日 新木場1stRING
第7代 ICHIKAWA 0 2008年7月21日 熊本興南会館
ジョンソン・フロリダからベルトを強奪。とりあえず、第7代王者として認定される。
第8代 ジャクソン・フロリダ 4 2008年8月16日 富山テクノホール
第9代 “ハリウッド”ストーカー市川 0 2009年3月16日 熊本興南会館
第10代 玉岡金太 0 2009年3月20日 神戸サンボーホール
試合にお笑いの要素がなかったため、モノマネ対決の結果、認定されたが返上した[3]
第11代 “ハリウッド”ストーカー市川 0 2009年3月29日 福井市体育館、ジャクソン・フロリダ
第12代 アンソニー・W・森 1 2009年4月4日 名古屋テレピアホール
第13代 菊タロー 3 2009年5月15日 後楽園ホール
第14代 ドン・フジイ 1 2011年4月10日 メッセウイングみえ
観客判定により特別レフェリーのドン・フジイが第14代王者となる[4]
第15代 “ハリウッド”ストーカー市川 2 2011年8月21日 博多スターレーン
第16代 リッチ・スワン 0 2011年11月5日 岐阜商工会議場(その後谷嵜なおきが強奪したが、郵送で返還)
第17代 新井健一郎 1 2012年8月2日 後楽園ホール
第18代 菊タロー 2 2012年12月20日 後楽園ホール
第19代 斎藤“ジミー”了 7 2013年3月7日 後楽園ホール

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ DRAGON GATE オフィシャルコラムブック 扶桑社p7
  2. ^ [http://www.gaora.co.jp/dragongate/data/result/2007/1017.html DRAGON GATE公式サイト・LIVE GATE 2007  2007.10.17 SITE-KOBE]
  3. ^ [http://www.gaora.co.jp/dragongate/data/result/2009/0320.html DRAGON GATE公式サイト・GLORIOUS GATE  2009.3.20 神戸・サンボーホール]
  4. ^ [http://www.gaora.co.jp/dragongate/data/result/2011/0410.html DRAGON GATE公式サイト・ドン・フジイ凱旋記念興行~ドン・フジイ場所~  2011.4.10 メッセウイングみえ]

外部リンク[編集]